筋肉をつけるには炭水化物が必要 - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

筋肉をつけるには炭水化物が必要





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

前回、「筋肉をつけるための効果的な食事法」として、
なかなか筋肉がつかないという人は、
1日のカロリー摂取量を重視してくださいというお話をしました。

今回はその続きとして、「炭水化物の摂取」について説明します。

筋肉をつけるためには炭水化物が重要なポイントとなります。
筋トレをしてタンパク質をしっかり摂っても筋肉がつかないという人は、
実は、炭水化物の重要性を見落としている人が多いのです。

筋トレ後の筋肉成長を促進させるのにタンパク質が重要なのは当然なのですが、
実は、炭水化物を十分に摂っていないと、
その効果を十分に引き出すことは出来ないのです。

要は、タンパク質だけでは筋肉成長は促進されず、
筋肉を成長させるには炭水化物が必要となるのです。

炭水化物を摂取することで体内ではインスリンが分泌されます。
そしてこのインスリンという成分は、
筋肉合成に欠かせないタンパク質やテストステロン(男性ホルモン)を
筋肉中に送り込むという重要な働きをしているのです。

さらに、炭水化物を十分に摂取することで、
テストステロン自体の分泌量を増やすことが可能であり、
同時に、コルチゾール(筋肉分解ホルモン)の分泌量を減らすことも出来るのです。

また、炭水化物を摂取すると、グリコーゲンというエネルギー源となり、
肝臓内と筋肉内に貯蔵されるのですが、
この内、筋肉内に蓄えられるグリコーゲンを「筋グリコーゲン」と言います。

そして、この「筋グリコーゲン」とは、
筋トレ中における筋肉の運動エネルギーとなるのです。

つまり、筋グリコーゲンが十分に蓄えられた状態で筋トレを行うことで、
筋肉は最大限に筋力を発揮することができ、それだけ筋肥大効果も高められるのです。

しかし、筋グリコーゲンが不十分な状態で筋トレをしてしまうと、
筋肉はエネルギー不足の状態となり、不足分のエネルギーを補うために、
体内に蓄えられたタンパク質をエネルギーにしようとするため、
タンパク質が不足した状態になってしまうのです。
これでは、いくら筋トレしても筋肉は大きくならないのです。

要するに、整理しますと、

(悪いパターン)
炭水化物の摂取量が少ない(筋グリコーゲンが少ない)

タンパク質を摂取しても筋肉が合成されにくい

(良いパターン)
炭水化物の摂取量が多い(筋グリコーゲンの量が多い)

タンパク質を摂取する事で筋肉の合成が促進される

ということになるのです。

また、炭水化物を摂取することで筋肉内の水分量が増え、
トレーニングでダメージを受け損傷した筋肉へ
タンパク質を速やかに送ることができるようにもなるのです。

なお、当然ですが、炭水化物といっても、筋肉を付けるのに役に立つ炭水化物とは、
米、バスタ、さつまいも、りんご、バナナなどであり、
菓子やケーキ類については、炭水化物も多く含まれていますが
砂糖や油脂も多く含まれているため、極力避けなければなりません。

以上、炭水化物の重要性をしっかりと理解して頂き、筋肉増強に役立ててください。

(筋グリコーゲンについての補足説明)

筋グリコ―ゲンの重要性についてはご理解頂けたと思いますが、
実は、筋肉内に筋グリコ―ゲンを十分に貯蔵するためには、
1日3回の食事では食事の間隔が空きすぎてしまうため貯蔵されにくいのです。

筋肉内に筋グリコ―ゲンを貯蔵するためには、
筋グリコ―ゲンがエネルギーとして使われて枯渇してしまう前に、
新しい筋グリコ―ゲンを補充し、
常時蓄えられている状態にしておく必要があるのです。

理想的には約3時間置きに炭水化物を摂取することで、
エネルギー消費を抑え筋肉内に安定して筋グリコーゲンを送り込むことが
可能となるのです。

また、筋グリコーゲンを貯蔵させる上で最も重要な炭水化物の摂取タイミングが、
「朝食時」と「筋トレ直後」になります。
このタイミングで炭水化物をしっかりと摂ることで、
筋グリコ―ゲンの貯蔵量を一気に増やすことが出来るのです。

人間は睡眠中でもエネルギーを消費しているのですが、
睡眠中は食事からのエネルギーが補給されないため、体はエネルギー源として、
筋肉に貯蔵されている筋グリコ―ゲンを使うようになります。

ですから、朝目覚めた時には、筋肉は多くの筋グリコーゲンを失った状態であり、
そのままでは筋肉が分解される危険性もある最悪の状態になっているのです。

したがって、朝食ではしっかりと炭水化物を補給し、
睡眠中に失われた筋グリコーゲンを補充しておくことが重要なのです。

もし朝食で炭水化物を摂らずにそのまま午前中を過ごしてしまったら、
筋グリコーゲンは枯渇し、タンパク質がエネルギー源として使われてしまい、
筋肉の異化作用が起こってしまうのです。

筋グリコーゲンが低下した状態で炭水化物を摂ると、
筋肉は通常よりも多くの筋グリコーゲンを一気に貯蔵しようとします。

ですから、
筋グリコーゲンが低下した状態にある朝食時にしっかりと炭水化物を摂ることで、
通常よりも効率よく一気に筋グリコ―ゲンを貯蔵させることが出来るのです。

同様に、筋トレ直後のタイミングにおいても、
トレーニングによって筋グリコーゲンは枯渇した状態になっていますので、
そこで炭水化物をしっかりと補給することで、
通常よりも筋グリコーゲンの吸収率と貯蔵率を一気に高めることが出来るのです。

筋肉を発達させるためには、
「朝食時」と「筋トレ直後」の炭水化物の摂取が重要となることを
しっかりと理解しておいてください。

ここで、バルクアップに効果的な「最強のおやつ」をお教えします。
私は、いつも家に置いておき、小腹がすいたら食べるようにしているのですが、
その「最強のおやつ」とは、「フルーツグラノーラ」です。

牛乳をかけて食べるのが一般的ですが、そのままでも食べられます。
どこでも売っているシリアルの一種ですが、栄養バランスがとてもよく、
しかもとても美味しいです。

シリアルは砂糖が沢山使われているものもありますから注意が必要ですが、
この「フルーツグラノーラ」の甘さはドライフルーツが主体ですから
心配はいりません。
朝食や間食としても便利ですので、是非試してみてください。

以上、2回に渡り、「筋肉をつけるための効果的な食事法」について
説明して来ましたが、食事の重要性をしっかりと知って頂き、
正しい知識と食事法を身につけてください。

なお、具体的な食事メニューに関しましては、
私の筋トレ講座の中で詳しく説明していますので、
是非実践してみてくださいね。

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト