減量中にお酒を飲んでも大丈夫か? - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

減量中にお酒を飲んでも大丈夫か?


筋肉をつける効果的な筋トレ



こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、減量中のお酒との付き合い方について、
お話したいと思います。
普段お酒をよく飲む人が減量しようとする際、
避けて通れないのが「お酒」のモンダイです。

「減量中は一切お酒は控えるべきなのか」
「減量中でも飲めるお酒はあるのか」など、
いろいろ気になるところだと思います。

そこで、まず知っておいてもらいたいのが、
お酒は典型的な「エンプティカロリー」だということです。
つまり、カロリーは高いのに体に必要な栄養素はほとんどない、
エンプティ(空っぽ)な食品なのです。

ビールでも焼酎でもウイスキーでも、
お酒のカロリーの大半はアルコールによるものです。
しかも、アルコールのカロリーというのは、
思っている以上に高カロリーなのです。
炭水化物やタンパク質が1g4キロカロリーなのに対して、
アルコールは1g7キロカロリーと、高カロリーなのです。

つまり、アルコール度数の高いものほど少量でもカロリーは高く、
度数が低くても、ビールのようにガブガブ飲むと、
当然総摂取カロリーは高くなってくるということです。

ですから、一般的には、アルコールは高カロリーだということで、
減量中にお酒を飲むのは良くないということになってしまうのです。
確かに、「高カロリー=太る」という公式に固執している限り、
これは当然のことと思われるでしょう。

が、しかし・・・
実は、この考え方は間違っているのです。

もっと科学的に深く追求していくと、減量中の飲酒は、
それほど心配する必要もないことがわかるのです。
もちろん大量にガブガブ飲むのはいけませんが、
ルールを守って適量を飲む分には、
減量中でもお酒を楽しむことができるのです。

では、いったいどうすれば減量中でもお酒を飲めるのか、
減量中にお酒を飲む際のルールについて説明します。

まず確認ですが、これまで当ブログでも何度か説明しました通り、
ダイエットにカロリー計算は必要ないということです。
体脂肪が増える原因はカロリーの摂り過ぎではなく、
血糖値の急上昇によるインシュリンの過剰分泌にありますので、
カロリーをいちいち気にする必要はないのです。

つまり、高カロリーな食品であっても、食べたあとに
血糖値が上がらない食品であれば、太る心配はないということです。

血糖値を上げる原因となるのは「糖質(炭水化物)」になりますので、
糖質を含まない食品を食べていれば、たとえ1日の総摂取カロリーが
多くなったとしても体脂肪が増えることはないということです。

ですから、アルコール飲料においても、
糖質を含まないものであれば血糖値が上がる心配がないので、
飲んでも太らないということなのです。

では、具体的に説明していきますが、
ひと口にアルコールといっても、血糖値を上げやすいお酒と
そうでないお酒とに分けることができるのです。

飲んでも血糖値が上がらないアルコール類としては、
焼酎やウイスキーなどの「蒸留酒」になります。

これらのお酒は、お酒を加熱して蒸留する際、
血糖値上昇の原因となる糖質が取り除かれるため、
つまり「糖質ゼロ」なので、アルコール度数は高いですが、
飲んでも血糖値が上がりにくいお酒なのです。
ですから、減量中でも安心して飲めるお酒ということになります。

それに対して、飲むと血糖値が上がってしまうアルコール類としては、
ビールや日本酒、リキュールなどの「醸造酒」になります。

これらのお酒は、蒸留の工程を経ずアルコール発酵をさせた状態のまま
出荷されるため、糖質を多く含み血糖値が上がりやすいお酒なのです。
ですから、減量中は飲まない方が良いお酒ということになります。

ですから、減量中は「蒸留酒」を飲むようにするのがポイントなのです。
普段ビールや日本酒を飲んでいるという人は、減量期間中に限っては、
焼酎やウイスキー、ブランデーなどに切り替えると良いでしょう。

ただし、そうは言っても、ビール派や日本酒派の人もいるでしょうから、
そういう人は、ビールなら1缶だけとか飲む量を決めておくことです。

お酒を飲むことが悪いのではなく、お酒に含まれる糖質を取りすぎることが
高血糖を招くわけですから、ビールを飲みたいときは1缶と決めておき、
低糖質の食事と組み合わせて飲むようにすると良いでしょう。

いかがでしょうか?

一般的には「ダイエット=カロリー制限」という頭になりがちなので、
高カロリーのアルコールは目の敵にされがちなのですが、
血糖値に着目してお酒を選べば、減量中でもお酒を楽しむことができますし、
無理してお酒を断つ必要など全くないということです。

一切飲まないとしてしまうと逆にストレスが溜まり、
減量を続ける上でマイナス面の方が大きくなってしまいますので、
酒類を選んでの適度な飲酒なら、ストレス発散効果もあり良いと思います。
今では「糖質ゼロ」のお酒も沢山売られていますので、
そういったものを利用するのも良いでしょう。

最近読んだ雑誌の中に、ある管理栄養士の先生が書いた記事が載っていたのですが、
「ダイエット中にお酒を飲む際には、なるべく低カロリーなお酒を飲むように
した方がよいので、焼酎やウイスキーなどカロリーの高い蒸留酒は控えましょう」
という、全く正反対なことが書いてあったのでビックリしてしまいましたが、
そういうレベルでしか理解されていないのが実情なのです。

ダイエットにおいてカロリーにこだわるというのは、もはや昔の考え方であり、
現代の科学的ダイエットにおいては全く通用しない考え方なのです。

特に筋肉質の引き締まった体を作りたい場合には、ご注意ください。
もし今だに、カロリーを低くした絶食型のダイエットを行っているなら、
即刻中止して、正しい科学的なダイエット方法を勉強してください。
そうしないと、筋力も筋肉もどんどん減って、
どんどん太りやすい体質になっていってしまいますから。

それともう一つアドバイスしておきたいのが、
減量中の清涼飲料水についてです。

血糖値に着目した場合、砂糖などの糖質の多い清涼飲料水は、
減量中はもちろん、普段から控えるべきなのです。
飲んだ後に血糖値が急上昇し、インシュリンの分泌を活発にし、
脂肪細胞の肥大を招くことになってしまうからです。

甘い缶コーヒーや炭酸飲料などは特に注意が必要ですし、
ガブガブ飲んでいたら体脂肪に変わってしまいます。

これはスポーツドリンクでも同じです。
スポーツドリンクであっても糖分を含んでいますので、
飲みすぎは禁物です。

減量中の水分補給は基本的に「水」を飲むようにして、
スポーツドリンクは運動中や運動後に飲むのがベストです。

減量中は、1日2リットル以上の「水」を小まめに飲むのが理想です。
減量中は「ミネラルウォーター」を持ち歩き、
喉が渇いたらちょくちょく飲むようにすると、
甘い清涼飲料水をガブ飲みする心配もなく効果的です。

ということで、今回は、減量中におけるお酒と清涼飲料水について
注意してほしいことをお伝えしましたが、
結局のところ、減量を成功させる上で一番大切なことは、
自分でルールを決めて、きっちり守っていくことなんです。

「減量中はお酒は週2回にする」
「ビールは1缶だけとする」
「清涼飲料水は飲まずミネラルウォーターを飲む」
「コーヒーは必ずブラックで飲む」など、
自分の中でルールを決めて、きっちり守っていくよう努力することです。
決めたルールは紙に書いて貼っておくと効果的です。

減量を成功させる一番のポイントとは、
前日まで好きなものを食べて飲んでいたとしても、
翌日からはストイックな食生活に切り替えられる、
そういった意思の強さがあるかどうかなのです。

いくら減量に関する専門知識が豊富であっても、
実践し続けていかない限り、体は変わっていきませんからね。

それでは、今回の記事を是非参考にして、
効果的な減量を進めていってください。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト