汗をかいても痩せない理由 - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

汗をかいても痩せない理由


筋肉をつける効果的な筋トレ



こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、「汗をかいても痩せない理由」について、
お話したいと思います。

大量の汗をかこうとしてサウナスーツを着て走ったり、
ラップのようなものを腹や脚に巻いて運動したり、
サウナに長時間入っていたり、
痩せようとしてそんなことしてる人はいませんか?

しかし、いくら大量に汗をかいても、
体についた余分な脂肪を減らすことはできないのです。

確かに汗をかいた直後は体内の水分が放出されるため、
体重は若干落ちると思いますが、
それはあくまでも一時的なものであり、
水分補給すればまたすぐに元に戻ってしまいます。

汗をかいて一時的に体重は落とせても、
体脂肪を落とすことはできないということです。

汗をかくことと痩せることとは、
根本的には無関係なのです。

そもそも汗をかくのは体温調整のためなんです。
人間は恒温動物なので、体温は常に約37℃弱で
ほぼ一定に保たれています。

そのため、体温が上がりすぎてしまった場合には、
汗をかいて、熱を体外に放出しようとするのです。

しかし、発汗による放熱は、水分が蒸発するときの
気化熱を利用したものであるため、
いくら汗をかいてもエネルギーは消費されないのです。

いくらサウナで大量の汗をかいたとしても、
食べ過ぎてしまった分のカロリーを消費することは
できないということです。

汗の中に脂肪も含まれていて、汗をかけば脂肪も
一緒に流れされてしまうのではないかとか、
今だに思っている人もいるかもしれませんが、
汗とは若干のミネラルを含んだ水分であり、
その中に脂肪が含まれることはないのです。

よくボクサーがサウナスーツを着て暖房の効いた部屋で
大量の汗をかいて減量しているシーンを見かけますが、
ボクサーがそういったことをするのは、
減量の最終段階で、あと100g、あと50gの減量が
要求されるという段階に来たときなんです。

水も飲まずに大量の汗をかくことで、
体内の残留水分を極限まで減らし体をカラカラにすることで、
試合前の計量にパスするためなのです。

もちろん脱水状態のままでは1ラウンドも戦えませんから、
計量後にはちゃんと水分補給して、しっかり食事もとって、
コンディションを戻して試合に臨んでいるのです。

とにかく「汗をかく=痩せる(脂肪が減る)」ではありませんので、
その点をまずしっかりと押さえておいてください。

では、痩せるためには何をするのが一番効果的かなのですが、
痩せたいなら「筋トレ」を行ってください。
筋トレをしてしっかり筋肉をつけてください。

何もムキムキになる必要はありませんので、
適度な量の筋肉をつけてください。
そして、「基礎代謝量」を増やしてください。

汗をかいてもエネルギーは消費されませんが、
筋肉をつけて「基礎代謝量」が増えれば、
エネルギー消費量も増やせるのです。

そして、エネルギー消費量が増えれば、
それだけ脂肪が燃え痩せることができるのです。

「基礎代謝量」とは、じっとしていても勝手に消費される
エネルギーなのですが、1日の消費エネルギーの内、
およそ70%は、この「基礎代謝量」が占めており、
運動や仕事による消費エネルギーは約20%しかなく、
残りの10%は、食事の際に消費されるエネルギーになります。

ですから、1日の消費エネルギーを増やし効率よく痩せるには、
筋トレでしっかり筋肉をつけ、「基礎代謝量」を増やすことが、
最も賢い方法だと言えるのです。

もちろん「有酸素運動」でも脂肪を燃焼させることはできます。
ですが、筋肉量が少ない状態でいくら有酸素運動を行っても、
基礎代謝量が少ないままなので、脂肪は燃えにくいのです。

ジョギングしているのになかなか痩せないという人がいますが、
筋肉量が少なく基礎代謝が低い状態だからなのです。

ボディビルダーが1ヶ月で10kg以上も脂肪を減らせるのは、
筋肉量が多く基礎代謝が高い体だからです。
筋肉量が少なく基礎代謝が低い体の人が、
同じように脂肪を減らすことは無理なのです。

また、そもそも「有酸素運動」とは、
筋肉をつけるための運動ではありません。

もちろん一時的な脂肪燃焼効果はありますが、
筋肉がつくわけではありませんので、
持続的に基礎代謝を高めることはできないのです。

さらには、痩せたいからと有酸素運動をやりすぎてしまうと、
脂肪より先に筋肉が分解され、筋肉量が減少し、
基礎代謝も下がり、逆に太りやすい体になってしまうのです。

ですからやはり、筋トレで筋肉をしっかりつけていくことが、
最も効果的で効率的な「脂肪燃焼方法」になるのです。

とにかく「痩せたければ筋トレをしなさい」ということです。

いくら大量に汗をかいても、
いくら一生懸命ジョギングをしても、
筋肉が少なく基礎代謝が低い体のままでは、
なかなか痩せられないということです。

アプローチのし方を間違えるとなかなか結果が出ず、
努力と時間が無駄になってしまうだけですから、
くれぐれも注意してください。

もはや、「痩せるためには筋トレが一番」というのが、
効果的なダイエットの常識となってきていますので、
正しい考え方に乗り遅れないようにしてくださいね。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト