筋肉をつける新しいサプリメント - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

筋肉をつける新しいサプリメント





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、筋肉をつける新しいサプリメントについて、
ご紹介したいと思います。

筋肉の超回復を促進させるサプリメントとして、
グルタミンを使用している人が多いと思いますが、
グルタミンに新成分が加えられたサプリメントが
あるのをご存知でしょうか?

「グルタミン+AC-11(エーシーイレブン)」という
サプリメントなのですが、
私の記憶では2006年~2007年ごろ市場に
出回り始めたと記憶しています。

ですからまだ新しいサプリメントなのですが、
今回はこの「AC-11」について、
いったいどんな成分なのか説明したいと思います。

実はこの「AC-11」ですが、
筋肉をつける上で非常に優れた成分なのです。

簡単に言いますと、「AC-11」とは、
筋肉細胞内のDNAを修復する働きがある成分なのです。

DNAについては、よく聞く言葉ですし、
細胞内の遺伝子情報を司るものとして知られていますが、
実は、筋肉をつける上でも重要な働きをしているのです。

食事から摂取したタンパク質が、
体内で筋肉となり利用されるためには、
筋肉細胞内で筋タンパク質として合成される必要があるのですが、
この合成を司るのがDNAなのです。

しかし、重い負荷をかけて高強度の筋トレを行うと、
このDNAが損傷してしまうのです。
そして、DNAが損傷すると、筋肉の発達に関わるシステムが
十分に機能しなくなり、筋肉の発達が阻害されてしまうのです。

そこで重要になってくるのがこの「AC-11」なのです。

DNAが損傷しても、ある程度の筋タンパク質の合成は行われ、
筋肥大効果も現れてはきます。
しかし、「AC-11」でDNAの修復能力を高めておけば、
筋肉の修復が促進され、更なる筋肉の発達が望めるのです。

筋トレ後に「AC-11」を摂取することで、
筋肉細胞内に生じたDNA損傷の修復が促進され、
DNAが正常に維持されるので、体内での筋タンパク質合成、
つまり、筋肥大効果が最大限に高められるのです。

筋肉とは、高強度のトレーニングで筋肉を破壊し、
その後にやってくる超回復の繰り返しにより発達していくのです。
しかし、これは同時に、筋肉を構成する細胞も繰り返し
ダメージを受けていることを意味します。

ですから、細胞レベルから超回復に働きかける新成分として、
この「AC-11」が注目されているのです。

また、DNAの損傷は筋トレだけで起こるわけではありません。
日常生活の中で、常にDNAは損傷の危機にさらされているのです。

加齢に伴い筋肉量は減少してきますが、
これは、傷ついたDNAの修復が正常に行われず、
修復エラーしたものが蓄積された結果なのです。

こうなると、筋肉量の減少だけでなく、
肌のトラブルや生活習慣病の発症など、
さまざまな健康障害が発生する可能性も高まるのです。

「AC-11」とは、DNAに直接働きかけることで、
こうしたアンチエイジングにも効果があるのです。

私は最近、健康体力研究所の「グルタミンAC-11プラス」という
サプリメントを使い始めたのですが、
筋肉の修復に最も必要なアミノ酸である「グルタミン」に、
その働きをサポートする「AC-11」をプラスすることで、
従来のグルタミンサプリメントよりも、
超回復がより効果的に行われ筋肥大効果が高められると感じています。

以上、本日は、「AC-11」という新しい成分と、
それを含む新しいサプリメントについて紹介しましたが、
体内に備わる能力を高め、DNAレベルで筋肉の発達を促していく
という手法は、今後ますます注目されていくと思われます。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト