筋トレ後の疲労を早く回復させるには - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

筋トレ後の疲労を早く回復させるには





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、
筋トレ後にどっと疲れが出る…
なかなか疲労が回復しない…
仕事をするのにも体がだるい…
といった症状がある人に、
効果的なサプリメントを紹介したいと思います。

筋トレ後になかなか疲労が回復しないのは、
筋トレによって発生した乳酸が、
いつまでも溜まったままになっているからです。

乳酸とは筋肉が収縮運動を繰り返すことで
発生してくる疲労物質なのですが、
成長ホルモンの分泌を活発にする働きがありますので、
筋肉を発達させる上でも必要な物質になります。

自転車を漕いで長い坂道を登っていると、
途中で太ももがパンパンになってきて、
もう漕ぐことができなくなってきますが、
あれは筋肉内に乳酸が発生したからなのです。

また、筋トレ中に筋肉が張って一時的に大きくなる、
いわゆるパンプアップも、乳酸の発生によるものです。

ですから、乳酸自体は、決して悪者というわけではなく、
筋肉の発達にとっては不可欠なものなのですが、
問題なのは、この発生した乳酸がなかなか除去されずに、
いつまでも筋肉内に溜まったままでいることなのです。

筋トレで発生した乳酸は、時間の経過と伴に減っていき、
体の疲労も自然に回復されるのですが、
人によっては、乳酸の代謝が悪く、
乳酸が除去されるまでに時間が長くかかってしまうのです。

そうなると、なかなか疲労から回復できず、
体がだるくて仕事に支障が出てしまったりもするのです。

ですから、筋トレ後の疲労を早く回復するためには、
筋トレによって発生した乳酸を、できるだけ早く
取り除くことが必要となってくるのです。

そして、そのための効果的なサプリメントが、
クエン酸になります。

クエン酸とは、レモンや梅干などの、
酸っぱい味のもととなっている成分です。
また、多くの飲料水の中に、清涼感を出すために
添加されていたりもします。

最近は、クエン酸入りのドリンクやサプリメントも
多く販売されていますので、アスリートのみならず、
一般の人にも広く利用されてきていると感じます。

さて、このクエン酸ですが、主な効果として、
筋トレで発生した乳酸を除去し、
筋肉を疲労から早く回復させる働きがあるのです。

正確には、除去というよりも再利用ということになるのですが、
乳酸を再びエネルギーとして再利用するということです。

わかりやすく説明しますと、
私たちは、体内のブドウ糖(炭水化物が分解されたもの)
を燃やして運動エネルギーとして利用しているわけですが、
実は、ブドウ糖が燃やされる際に「燃えカス」が出るのです。

そして、その「燃えカス」が筋肉中に蓄積されると、
その一部が「乳酸」に変化してしまうのです。
これが乳酸の正体なのです。

ですから、乳酸とは、もともとはブドウ糖であったわけで、
運動エネルギーのもとになっていたものなのです。

そして実は、クエン酸には、
筋肉内に溜まった乳酸を再びブドウ糖に戻して、
運動エネルギーとして再利用するという働きがあるのです。

このサイクルを「クエン酸回路」と呼ぶのですが、
体内で運動エネルギーを産生する上で非常に重要なものであり、
このサイクルがスムーズに回ることで、
筋トレ後の疲労回復も早められるのです。

また、クエン酸と一緒に糖質を摂ることで、
筋肉中のグリコーゲンの合成が促進されるようになります。

グリコーゲンとは、筋肉中のエネルギー源のことですが、
筋トレによってすぐに減少してしまいますので、
筋肉の回復と発達を促すには、筋トレ後に、
速やかに補充しておく必要があるのです。

昔から、運動した後にレモンを蜂蜜につけて食べたりしますが、
あれは、クエン酸と糖質を兼ね備えた食べ物を摂ると、
運動後の疲労から効率よく回復することができるということを、
感覚的にわかっていたからなのだと思います。

これは科学的にも証明されていることですから、
筋トレ後には、クエン酸と糖質を一緒に摂ることで、
筋トレの疲労回復効果が更に高められるということです。

例えば、筋トレ直後に、プロティンとクエン酸を、
オレンジジュースでシェイクして飲むことで、
クエン酸と糖質を手っ取り早く一緒に摂ることができ、
疲労回復に効果的なプロティンドリンクになります。

なお、筋トレ前にもクエン酸を摂っておくことで、
筋トレ中の乳酸代謝が促進され、
集中力が高まる、より強い筋力を発揮できるなどの、
パフォーマンス向上を期待することもできます。

以上、今回は、クエン酸について説明しましたが、
運動前後の適切なタイミングでクエン酸を摂取することで、
筋トレ後の疲労回復を早め、筋トレ効果をより高めることが
できますので、是非参考にしてください。



★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】




スポンサーサイト