筋トレせずに筋肉をつける方法とは? - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

筋トレせずに筋肉をつける方法とは?


筋肉をつける効果的な筋トレ



こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、TVの通販番組でよく宣伝されている
EMSマシンについて、本当に効果的なのかどうか、
お話したいと思います。

EMSマシンとは、
鍛えたい部分にベルトを巻いたりパットを貼り付けて、
筋肉に低周波の電気刺激を与えることで、
自動的に筋肉を鍛えるというものです。

わざわざ辛い筋トレをしなくても、
EMSを身体に巻いたり貼り付けておけば、
仕事をしながらでもTVを見ながらでも、
勝手に筋肉がピクピクと収縮して、
筋肉が楽に鍛えられるということで、
実際かなり売れているようですね。

筋トレをせずに筋肉がつけられるのなら、
こんな楽なことはありませんから、
もし本当に電気刺激だけで筋肉がつくのなら、
EMSを使わない手はないですよね。

では、EMSは本当に効果があるのでしょうか?
電気刺激だけで本当に筋肉がつくのでしょうか?

電気刺激を直接筋肉に与えるという方法は、
1960年代に開発されたもので、
もともとは医療用として、
身体のリハビリなどに使われていました。

ですから、EMSの効能自体は、
医療の分野を通して認められており、
電気刺激によって筋肉を強化できることは確かです。
実際、スポーツ選手のコンディション作りにも
使われています。

しかし、ここで誤解してほしくないのが、
電気刺激による筋肉の強化とは、
あくまでもリハビリやコンディション作りが目的であって、
電気刺激を与えるだけで、
筋肉がグングン大きくなるということではありません。

電気刺激によって筋肉がピクピク動いたとしても、
その程度の弱い刺激では、
現状の筋肉は維持できたとしても、
筋肉を大きくすることはできないということです。

EMSで電気刺激を与えることによって、
筋肉は自動的にビクビクと何百回も何千回も動きますし、
ギュッと締め付けられるような収縮感も得られます。

しかし、筋肉を大きくできるほどの刺激ではないのです。
安全性を考慮し、流される電流はとても弱いものですし、
いくら筋肉がビクビクと動いたり収縮したとしても、
筋肉はごく弱い負荷の運動を行っているだけなのです。

そもそも何百回、何千回も連続して動くということは、
1回ごとの筋肉が受ける負荷は極めて軽いものであり、
日常生活レベルの負荷でしかないのです。

何百回、何千回もできるような軽い負荷で運動しても、
筋肉は大きくなっていきません。
それだけ動かせば多少は筋肉の形状が変わるかもしれませんが、
ムキムキな筋肉になるようなことはありません。

もともと医療用としてリハビリに使われていたのですから、
身体の機能を回復させるためのものなのであり、
必要以上に筋肉を大きくするためのものではないのです。

もし、電気刺激だけで本当に筋肉が大きくなるのなら、
電気治療でリハビリを受けている患者さんたちは、
みんなマッチョになってしまいます。

もし、筋肉に流す電流をもっと強くして、
10回ピクピク動かしたら限界になってしまうようにすれば、
筋肥大効果も期待できるかもしれません。
しかし、そんなことをしたら危険ですし、
安全性を確保するためには、弱い電流しか流せないのです。

ということで、EMSの電気刺激だけでは、
筋肉を大きくすることはできないということです。

ただし、全く何の効果もないというわけではなく、
現状の筋肉を維持したり、
リハビリ用としての効果は期待できると思います。

しかし、マッチョな筋肉になりたいとか、
ボディビルダーを目指したいとか、
そういう人には向いていないということです。

これまで何度もお話してきた通り、
筋肉を大きくするためには、
重い負荷で筋肉を刺激しなければならないのです。

何百回も何千回も繰り返せるような軽い負荷ではなく、
もっと重い負荷で筋肉を刺激しないと、
筋肉は大きくなっていかないのです。

さらには、それぞれの筋肉には、
その筋肉が最も収縮する位置(最大筋収縮位置)があり、
筋肉を大きくするためには、
この「最大筋収縮位置」で、
筋肉にしっかりと重い負荷がかかるように
動作しなければならないのです。

しかし、腕や脚の曲げ伸ばし動作を行わず、
筋肉を自動的にピクピクさせているだけでは、
この「最大筋収縮位置」を作り出すことはできないのです。

最大筋収縮位置で負荷をかけることができない限り、
いくら筋肉をピクピク収縮させても、
それは筋肉を大きくするための収縮ではなく、
単にマッサージしているようなものなのです。

今回は、EMSマシンについてお話しましたが、
TVの通販番組で宣伝されているトレーニング器具や
サプリメントに関しては、
安易に購入しないよう注意が必要です。

どんな有名なスポーツ選手が使っていたとしても、
どんな権威のある大学教授が推奨していたとしても、
それをそのまま鵜呑みにしてしまってはダメなのです。

どういう人を対象として、
どんな目的で使われているものなのか、
どんな効果が期待できるのか、
そういったことを調べてみることが大切です。

今回のEMSマシンにしても、
対象となる人や期待できる効果をよく考えて、
自分にとって必要かどうかを判断してもらいたいのです。

一般の人が、リハビリや健康維持を目的として、
あるいは、スポーツ選手がコンディション作りのために
使用するなら効果は期待できますが、
ガリガリの人が筋肉を大きくしてマッチョになりたいとか、
ボディビルのコンテスト出場を目指したいとか、
そういった人には向いていないということです。

いくら電気刺激で筋収縮させたとしても、
通常の筋トレの代わりにはなりませんので、
くれぐれもご注意ください。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト