ベントオーバーロウイングの効果を高めるコツ - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

ベントオーバーロウイングの効果を高めるコツ


筋肉をつける効果的な筋トレ



こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、ベントオーバーロウイングの効果を高める
コツについて、お話したいと思います。

なお、ベントオーバーロウイングは、
バーベルでもダンベルでもできますが、
今回のコツは、どちらにも共通のコツとなります。

さて、ベントオーバーロウイングとは、
背中を鍛える代表的な種目ですが、
フォームの作り方が難しいため、
なかなか効かせられないという人が多いようです。

実際、ボディビルダーの人でも、
胸や腕の発達に比べて背中が弱い人がいますが、
そういう人のベントオーバーロウイングを見てみると、
高重量にこだわるあまりフォームが乱れてしまい、
背中に十分な刺激が伝えられていない人が多いです。

背中の筋肉というのは、
動作中に目で見ることができないため、
そういった点も動作を難しくしているのでしょう。

それでは、ベントオーバーロウイングの
正しいフォームの作り方について説明します。

まず、効果を出す上で大事なことは、
ベントオーバーの姿勢を作ることです。

ベントオーバーの姿勢とは、
上体を床と平行にした姿勢になります。

ですが、このベントオーバーの姿勢の正しい作り方が
わかっていない人が多く、そのため、
背中に効かせられないばかりか、
腰を痛める危険性が高まってしまうのです。

では、ベントオーバーの姿勢の作り方ですが、
(1)手に何も持たない状態で真っ直ぐ立ちます。
(2)足幅は立ちやすい幅に開いておきます。
(3)おへそから折るようにして上体を前傾させます。
(4)上体を折る際は背中を丸めないよう注意します。
(5)上体を出来るだけ前傾させたら膝を曲げます。
(6)太ももの上にお腹が乗るくらいまで膝を曲げていきます。
(7)上体が床と平行になるくらいが理想です。
これがベントオーバーの姿勢の作り方になります。

ベントオーバーの姿勢を作ってから、
予め置いておいたバーベルやダンベルを握り、
動作をスタートさせるようにします。

ところが、ほとんどの人は、
最初にバーベルやダンベルを握ってから、
ベントオーバーの姿勢を作ろうとするため、
正しいベントオーバーの姿勢が作れず、
背中が丸まったままで高重量を引くような、
危険極まりないフォームになってしまうのです。
これでは的確な刺激を与えることもできません。

ですから、まずは、ベントオーバーロウイングで
効果を出すためには、このベントオーバーの姿勢の
作り方をマスターしなければならないのです。

文章だけの説明だとわかりにくい所もあると思いますが、
山本式筋トレ講座にご参加頂いている方は、
動画マニュアルで詳しく説明していますので、
何度もそちらを見て真似するようにしてください。

さて、ベントオーバーの姿勢が作れたら、
バーベルやダンベルを持って動作をスタートさせるのですが、
ウエイトを引き上げる際には、
真っ直ぐ垂直に引き上げるのが基本となります。

ウエイトを真っ直ぐ垂直に引き上げることで、
広背筋や僧帽筋など、背中全体を広く刺激することができ、
背中全体を発達させるのに効果的です。

なお、手幅については、腰幅~肩幅の範囲で、
引きやすい手幅で引くようにしてください。
高重量を扱いやすいからと手幅を広くしすぎると、
逆に背中の筋収縮が弱まってしまいます。

ベントオーバーロウイングにおける背中の筋収縮は、
肘を後方へ引くことによって起こるのですが、
手幅を広くしすぎると肘の引きが浅くなり、
背中を十分に収縮させられなくなってしまうのです。

ですから、背中の筋発達を目指すには、
手幅については腰幅~肩幅にして、
肘をしっかり後方へ引ける範囲の中で、
できるだけ重い重量を扱うようにすべきなのです。

もちろん、ウエイトを引き付ける位置についても、
手幅についてもバリエーションはありますが、
初心者の方は、今回説明した方法で行うようにして、
背中の基本的な筋力と筋量を身に付けることが大切です。

なお、背中の種目数に関してですが、
初心者の場合、最初の1~2ヶ月間は、
ベントオーバーロウイングのみで十分です。

いきなり3種目も4種目も行っている人がいますが、
初心者の段階からそこまで細分化して鍛える必要はありません。

たしかに背中は大きい部位ですし、上級者になると、
上部・中部・下部と分けて鍛えることもありますが、
初心者の段階においては、
背中全体を1つの筋肉部位としてとらえ、
全体の筋力、筋量をアップしていくべきです。

そのための最も効果的な種目が、
バーベルやダンベルを用いた
ベントオーバーロウイングなのです。

ベントオーバーロウイングによって、
背中全体に厚みをつけると伴に、
逆三角形のシルエットを作り上げることもできるのです。

上級者の人でも、ベントオーバーロウイングは効きづらいからと、
筋トレメニューから外している人がいますが、
非常にもったいないことです。

これほど背中の筋発達に効果的な種目はありませんので、
是非フォームを見直し、積極的に取り組んでほしいと思います。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト