プロティンとアミノ酸どちらが効果的か? - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

プロティンとアミノ酸どちらが効果的か?


筋肉をつける効果的な筋トレ



こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、プロティンとアミノ酸の関係性について、
お話したいと思います。

プロティンとアミノ酸については、
これまでも何度かお話してきましたが、
なかなか理解しずらいところがあるようで、
質問も多く頂いております。

特によく受ける質問として、
「プロティンとアミノ酸どちらが効果的ですか?」
「アミノ酸はプロティンの代わりになるのですか?」
など、プロティンとアミノ酸の関係性について、
疑問に思っている人が多いようです。

では、そういった疑問を解消するために、
プロティンとアミノ酸の違いについて説明したいと思いますが、
まず、知っておいてほしいことは、
プロティンとアミノ酸では、
本来の摂取目的が異なるということです。

どちらもタンパク質を元にした筋肉増強用サプリメント
ではありますが、厳密には、吸収スピードの違いから、
期待される効果が違ってくるのです。

では、まず、プロティンの効果についてですが、
摂取後1時間~数時間かけて吸収され、
吸収された後も数時間効果が持続するため、
必要なときにタンパク質を利用できるよう、
体を長くスタンバイ状態にしておくことができます。

ですから、間食や就寝前など、
食事と上手く組み合わせて摂ることで、
1日を通じて体をアナボリックな状態にしておくことができ、
筋肉増強効果を長く持続させることができるのです。

そういった点から、プロティンとは、
筋肉を作る上で最も基本となるサプリメントだといえます。

それに対してアミノ酸の方は、
摂取後15~30分で吸収され血中濃度がピークとなり、
また代謝されるのも早いため、
即効性かつ短時間での効果を期待するものなのです。

つまり、アミノ酸とは、
即効性は高いが、効果は長続きしないということです。
ですから、短時間で素早く吸収させたいときに、
ピンポイントで摂るべきサプリメントだといえます。

たとえば、起床直後に必須アミノ酸を摂ることで、
体を素早くカタボリックな状態からアナボリックな状態にし、
筋肉の分解を防ぐことができます。

起床直後は体内のタンパク質が枯渇した状態であり、
筋肉が分解されやすい無防備な状態になっていますので、
できるだけ素早い消化吸収が求められるのです。

あるいは、筋トレ直前にBCAAを摂ることで、
筋トレ中の筋肉の分解を防ぐことができ、
筋トレ直後に必須アミノ酸とグルタミンを摂ることで、
素早くアナボリックな状態にすることができるのです。

アミノ酸とは、そういった即効的な効果を求めたいときに、
ピンポイントで摂るべきサプリメントだということです。

このように、プロティンとアミノ酸では、
本来の摂取目的が異なり、
期待できる効果も違ってくるのです。

ですから、完全な代替えという発想ではなく、
状況に応じた使い分けが必要だということです。

たとえば、初心者の人が筋肉を大きくしたい場合には、
摂取しやすくアナボリック効果も持続するという点で、
アミノ酸よりもプロティンの方が便利だといえます。
トップクラスのボディビルダーでも、
オフシーズンはプロティンしか摂らないという人がいますが、
それだけ筋肉増量させやすいということです。

それに対して、たとえば上級者の人が、
更なる筋肉の発達を目指したいという場合には、
プロティンとアミノ酸を組み合わせて摂った方が、
持続的な効果と即効的な効果が組み合わさり、
より高度な筋肉の発達が可能になるのです。

たとえば、
起床直後…必須アミノ酸
間食…カゼインプロティン
筋トレ直前、筋トレ中…BCAA
筋トレ直後…ホエイプロティン+グルタミン
就寝前…カゼインプロティン
といった感じです。

もちろん初心者の段階からアミノ酸を摂取してもOKですが、
筋肉の発達段階に応じた優先順位を考えた場合には、
プロティン→アミノ酸の優先順位になるということです。

アミノ酸はプロティンに比べて価格が高いこともあり、
初めから両方を使用するのは経済的にも負担が大きくなりますし、
摂取プログラムも複雑になってきますので、
初心者の人はまずはプロティンからはじめた方が良いでしょう。

今では、BCAAやグルタミンが配合されたプロティンも多いですから、
初心者の段階では、プロティンだけでも、
持続的効果と即効的効果の両方をカバーすることができます。

ただし、上級者になって、より高度な筋肉の発達を目指すには、
即効的効果をより高める必要性がでてくるため、
アミノ酸単体での摂取が必要になってくるのです。

以上、今回は、プロティンとアミノ酸の関係性についてお話しましたが、
それぞれの摂取目的と期待できる効果をよく理解した上で、
状況に応じた使い分けをして、筋肉増強効果を高めてください。



★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト