筋肉がつきやすい体脂肪率って何%? - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

筋肉がつきやすい体脂肪率って何%?


筋肉をつける効果的な筋トレ



こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、「筋肉がつきやすい体脂肪率」について、
私の考えをお話したいと思います。

筋肉をつけるには、体脂肪率が高い方が有利なのか、
それとも体脂肪率が低い方が有利なのか、
人によって意見が分かれるところですね。

そこで、まず知っておいてもらいたいことが、
体脂肪率とテストステロンレベルの関係です。

テストステロンとは、いわゆる男性ホルモンのことであり、
筋力アップと筋肥大を促進させる働きがあります。

ですから、筋肉を早く発達させるには、
テストステロンレベルを常に高く保つことが重要なのです。

では、テストステロンレベルを高く保つにはどうすれば良いかですが、
そのためには、
出来るだけ体脂肪率を正常な状態に保っておく必要があるのです。

正常な状態とは高すぎず低すぎずということなのですが、
体脂肪率が高すぎてもテストステロンレベルは低下しますし、
逆に、体脂肪率が低すぎても低下してしまうのです。

ですから、筋肉がつきやすい体脂肪率とは、
テストステロンレベルを高く保つことができる体脂肪率
でなければならないということです。

それともう1つ大事なことは、
体脂肪率と筋肉の異化作用の関係です。

筋肉の異化作用とは、体がエネルギー不足となることで、
筋肉自体がエネルギーとして分解されてしまうことです。

筋トレの際、運動エネルギーとして最優先で使われるのは、
筋肉内に蓄えられたグリコーゲンになります。

しかし、ハードな筋トレを行うと、
グリコーゲンはすぐに枯渇してしまうため、、
体は次に体脂肪をエネルギーとして使おうとするのです。

ですが、体脂肪率が低すぎると、
体は体脂肪をエネルギーとして使うことを避け、
筋肉の方をエネルギーとして使おうとするのです。
体脂肪をこれ以上減らしたら危険だと体が判断し、
豊富にある筋肉の方を優先して使ってしまうわけです。

体脂肪率が正常な場合には、
「グリコーゲン→脂肪→筋肉」の順に使われますが、
体脂肪率が低すぎる場合には、
「グリコーゲン→筋肉→脂肪」の順になるということです。

つまり、体脂肪率が低すぎると、
筋肉の異化作用が起こりやすいということです。

そもそも体脂肪率が低すぎる人というのは、
エネルギーが消費されやすい体内環境になっているので、
その状態でハードな筋トレを行った場合、
脂肪によるエネルギーのストックがないため、
すぐに筋肉がエネルギーとして使われてしまうのです。

ボディビルダーは筋肉のカットを目立たせるために、
コンテスト直前は体脂肪率を3~5%まで下げますが、
これはもはや正常な体脂肪率のレベルではありません。
そのままの状態では筋肉の異化作用が起こってしまうのです。

ですから、ボディビルダーが体脂肪率をそこまで下げるのは、
コンテスト直前~当日の間だけであって、
コンテスト終了後は正常な状態に戻しているのです。

つまり、筋肉がつきやすい体脂肪率とは、
筋肉の異化作用を防ぐことができる体脂肪率でなければ
ならないということです。

ここまでを整理しますと、
筋肉がつきやすい体脂肪率とは、
(1)テストステロンレベルを高く保つことができる
(2)筋肉の異化作用を防ぐことができる
という2つの条件を満たす必要があるということです。

では具体的に、この2つの条件を満たすには、
いったい何%くらいの体脂肪率がベストなのかですが、
ちょっと面白いデータを元に説明したいと思います。

ボディビルダーはコンテストが終わると、
バルクアップ期(筋肉増量期)に入るのですが、
実は、コンテスト終了後から1~2ヶ月が、
最も筋肉が増えやすいのです。

考えられる理由としては、
コンテスト時は体脂肪率を3~5%まで下げているので、
コンテスト終了後から1~2ヶ月というのは、
食事の量が増えたとしても、
体脂肪率はまだそれほど高くはなっていないのです。
高くなったとしても10~13%くらいだと思います。

つまり、筋肉を早くつけるには、
10~13%くらいの体脂肪率がベストだということです。
体脂肪率10~13%というと、
腹筋が薄らと見えているくらいの状態になります。

これくらいの体脂肪率の状態が、
(1)テストステロンレベルを高く保つことができる
(2)筋肉の異化作用を防ぐことができる
という2つの条件を満たすベストな状態だということです。

バルクアップ期に入ると、ここぞとばかり食べまくり、
体脂肪率が20%以上になってしまうボディビルダーも多いですが、
筋肉で体重を増やすためには、
体脂肪率は10~13%に留めておいた方が有利なのです。
体脂肪率10~13%を維持しながらバルクアップしていく方が、
筋肉がつきやすいということです。

実際には体脂肪率が20%以上あっても筋肉はつけられますし、
逆に体脂肪率が10%以下でも筋肉をつけることはできますが、
体内環境的には、体脂肪率10~13%の方が有利だということです。

ですから、この考え方に基づけば、
たとえば現在体脂肪率が20%あるのであれば、
筋トレと並行して有酸素運動とダイエットを行い、
最初の段階で体脂肪率を15%以下まで下げてしまい、
その上で、その数値をキープしながら、
本格的にバルクアップしていくという方法もあります。

毎年コンテスト前の減量で苦労するという人は、
この方法でバルクアップしていく方が、
早く筋肉がつけられる上に、減量もしやすくなると思います。

もちろん、コンテストを目指すボディビルダーでなくても、
考え方は同じですから、早く筋肉をつけたいという人は、
是非参考にして頂き、効果的な筋肉増強プランを練ってください。



★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト