筋トレ中の痙攣を防ぐには - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

筋トレ中の痙攣を防ぐには





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、筋トレ中の痙攣を防ぐ方法について、
お話したいと思います。

筋トレ中に脚や背中の筋肉が攣ってしまったり、
腕の筋肉がプルプル震えだしてしまったり、
そういった経験をお持ちの方もいるかと思いますが、
筋トレ中の痙攣に関しては、
適切な予防策を取っていれば防ぐことが可能です。

ではまず、筋肉が痙攣する原因からですが、
筋肉の痙攣とは、筋肉が強ければ起こらないというわけではありません。
筋肉の大きさや筋力の強さに関係なく痙攣は起こります。

ボディビルダーであっても、コンテストのバックステージで、
筋肉が痙攣している人を見かけることがよくありますが、
筋肉の痙攣とは、筋肉の大きさとか強さに関係なく起こるのです。

ではいったい、筋肉が痙攣する原因は何なのかですが、
その一番の原因は、ミネラルと水分の不足により、
体内の電解質がアンバランスになっていることです。

電解質とは、水に溶かすとイオンに分解されて、
電気を通す性質を持つ物質のことですが、
具体的には、ナトリウムやカルシウム、
カリウムやマグネシウムといったミネラル成分のことです。

そして、これらのミネラル成分は、
筋肉が収縮する上で重要な働きをしているのです。
しかし、ミネラルは汗と一緒に体外に排出されてしまうものなので、
適切な摂取を心がけないと、すぐに不足してしまうのです。

もしミネラル不足の状態で筋トレを行ったりすると、
筋肉が正常な収縮を行うことができず、
筋肉が攣ったり痙攣が起こってしまうのです。

また、ミネラルは水分によって筋肉中に運ばれるのですが、
大量に汗をかいたりして脱水状態になってしまうと、
筋肉中にスムーズにミネラルが運ばれなくなり、
筋肉が正常な代謝を行うことができず、
正常な筋肉の収縮も行われなくなってしまうのです。

つまり、筋トレ中に筋肉が痙攣するのは、
ナトリウムやカリウムなどのミネラル不足と、
ミネラルを筋肉中に運ぶための水分不足が、
大きな原因になっているということなのです。

ですから、筋トレ中の痙攣を防ぐためには、
ミネラルと水分の適切な補給を心がけ、
体内の電解質のバランスを正常に保っておくことが
大切だということです。

もちろん、その日の筋肉の疲労状態や、
ウォームアップ不足なども考えられますが、
大概はミネラル不足と水分不足を解消できれば、
筋肉の痙攣を防ぐことができますので、
それほど心配する必要はありません。

では、こういった原因を踏まえた上で、
具体的な予防策についてですが、
要は、ミネラルを豊富に含む食品を十分に摂るということです。
特に、筋肉のスムーズな収縮を司るカルシウム、マグネシウム、
カリウムを摂ることが重要になってきます。

さらに、ミネラルがスムーズに筋肉中に運ばれるよう、
水分もしっかり補給するということです。
特に発汗量が多い時には、スポーツドリンクを飲むことで、
水分とミネラルを同時に摂ることができます。

ミネラルを豊富に含む食品としては、
以下のようなものがありますので、参考にしてください。

【カルシウムを豊富に含む食品】
牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品、
煮干し・ひじき・モロヘイヤ・小松菜
チンゲン菜・木綿豆腐・生揚げ・ごま、など

【マグネシウムを豊富に含む食品】
大豆・油揚げ・納豆・アーモンド・カシューナッツ
落花生・ひじき・乾燥わかめ・玄米・昆布
バナナ・ほうれん草・小麦胚芽、など

【カリウムを豊富に含む食品】
さといも・さつまいも・やまといも
大豆・いんげん豆・枝豆・昆布
ひじき・ほうれん草・バナナ
グレープフルーツ・アボカド、など

また、ポカリスエットやアクエリアスなど、
市販のスポーツドリンクには、
こういったミネラル成分が多く含まれていますので、
必要に応じて飲むようにすると良いでしょう。

もちろん、ミネラル以外にも、
微量栄養素には気を配ることが大切ですが、
特に、ビタミンB1とタウリンは、
筋肉の収縮に関わる成分になります。

ビタミンB1もタウリンも、
不足すると筋肉が疲労しやすくなり、
ミネラル不足や水分不足と重なると、
筋肉が痙攣を起こす可能性が高まりますので、
注意が必要です。
ビタミンB1は、牛乳や卵、豚肉、大豆などに、
タウリンは、魚貝類などに多く含まれています。

以上のような予防策を取っておくことで、
筋トレ中の痙攣を防ぐことはできますが、
もし、こういった予防策を取っていたにも関わらず、
筋トレ中に痙攣が起こってしまった場合には、
その部位のトレーニングを一旦中止し、
ゆっくりとストレッチし筋肉の緊張を和らげてください。
スポーツドリンクで水分補給するのも効果的です。

なお、痙攣が起こってしまった部位に対しては、
その日のトレーニングは中止し、しばらくの間は、
その部位に負荷をかけないようにした方が良いでしょう。

今回は、筋トレ中の痙攣を防ぐ方法について説明しましたが、
筋肉を発達させるためには、その前提条件として、
体内のコンディションを整えておくことが大切だということです。

いくら筋トレをがんばろうとしても、
正常な筋肉代謝を保つことができなければ、
筋肉の異常収縮が起こり、
痙攣やケガの原因となってしまいますので、
注意するようにしてください。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト