部分やせを可能にするホルモンとは? - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

部分やせを可能にするホルモンとは?





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、部分やせを可能にするホルモンについて、
お話したいと思います。

昔から、「部分やせはできない」というのが、
一般的な考え方となっています。
たとえば、お腹の脂肪を減らしたいなら、
全身の脂肪を減らさなければならないということです。

しかし、その一方で、
普段からよく動かしている部位には、
脂肪がつきにくいというのも事実です。

たとえば、体脂肪率は20%以上あるのに、
ふくらはぎだけは引き締まっているとか、
腕だけは筋肉質で血管が浮き出ているとかです。
つまり、部分的に脂肪が少なくやせているのです。

こういうこともあって、
部分やせはできるのか、できないのか、
現在でも、明確な答えが出せていないわけです。

そこで、今回は、あるホルモンに注目して、
部分やせについて説明したいと思うのですが、
実は、このホルモンの働きに注目すると、
部分やせが可能だということが言えるのです。

では、そのホルモンについてですが、
実は、部分やせを可能にするホルモンがあるのです。
まだ、100%そうだと言い切ることはできませんが、
その可能性が極めて高いということです。

このホルモンの働きを利用すれば、
長時間の有酸素運動などをやらずとも、
二の腕を引き締めたり、ふくらはぎを細くしたり、
そういったことができる可能性が高いのです。

そして、そのホルモンとは、
マイオカインという筋肉が分泌するホルモンなのです。
マイオ(myo)とは「筋」、
カイン(kine)とは「作動物質」のことであり、
マイオカインとは筋肉から分泌される多様なホルモンの総称になります。

現在、その全てが解明されたわけではなく、
まだ未確認のホルモンもあるようですが、
現在までに確認されているホルモンを調べた結果、
これらのホルモンには、脂肪細胞に働きかけ、
脂肪の分解を促進する働きがあることがわかったのです。

確認しますと、マイオカインとは、
筋肉が分泌する多様なホルモンの総称であり、
脂肪の分解を促進させる働きがあるということです。

そして、部分やせを裏付ける重要な点として、
このマイオカインが筋肉から分泌されると、
その周辺の脂肪細胞の性質が変わるということです。

たとえば、ある特定の部位の筋肉を毎日継続してトレーニングすると、
その筋肉からマイオカインが活発に分泌され出し、
その筋肉の周辺に存在する脂肪細胞の性質が変わるのです。

具体的にどう変わるのかと言いますと、
余分なカロリーを中性脂肪として蓄積する脂肪細胞から、
余分なカロリーを熱として消費する脂肪細胞へと変化するのです。

つまり、マイオカインの分泌が活発な筋肉周辺というのは、
脂肪がつきにくい部位だということであり、
この働きを利用すれば、部分やせできるということなのです。

毎日よく動かす部位には脂肪がつきにくいということを、
感覚的にわかっていた方も多いと思いますが、
マイオカインの働きに注目すると、
それを科学的に証明することができるということです。

ただし、マイオカインについては、
まだ全てが解明されたわけではありませんので、
まだ100%部分やせできるとは言い切れませんが、
これによって、部分やせできるという可能性が、
かなり高まったと言えると思います。

では、マイオカインの分泌を促進させるには、
どのような筋トレが効果的なのかですが、
部分やせさせたい部位に対しては毎日筋トレを行い、
毎日継続して動かし続けるようにします。

そして、負荷のかけ方としては、
少し余裕を持って15~20回くり返せる重さで、
2~3セット行うようにします。

決して限界まで追い込むようなことはせず、
頑張ればもうちょっとくり返せるかなというところで
やめてもらってOKです。
その代わり、できるだけ毎日行うようにするのです。

たとえば、二の腕の裏側の脂肪を減らしたいなら、
ダンベルキックバックをできるだけ毎日行い、
太ももを引き締めたいなら、
自重でのスクワットをできるだけ毎日行うのです。

軽い負荷で余裕を持って行ったとしても、
最初の数日間は筋肉痛が出ると思いますが、
筋肉痛が出るのは最初の数日間だけで、
あとは楽になってきますので、
筋肉痛が出ても心配せずに続けてください。

ただし、これは、あくまでも女性の方などが、
部分的に細くしたいという場合の特別な方法であり、
ムキムキの筋肉になるための方法ではありません。
筋肥大させるための方法とは、
考え方も実際のやり方も異なりますから、
その点については勘違いしないようご注意ください。

今回は、マイオカインというホルモンに注目して、
部分やせの可能性についてお話しましたが、
部分やせできる可能性が高まったことは確かですから、
もし、どこか特定の部位を細くしたい、引き締めたい、
と思っている場合には、試してみるのも良いと思います。

最後に、今回説明したマイオカインについては、
脂肪を分解する働き以外にも、
・血糖値を下げる
・血圧を下げる
・骨を強くする
・肝臓の脂肪を取り除く
・動脈硬化の予防
・認知症の予防
・免疫力を高める
・若返り効果をもたらす
などの働きがあることがわかっています。

それだけ健康効果の高いホルモンだということですから、
今後更に研究が進むに連れて、
一般の人の間でも注目されるようになってくると思います。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト