脂肪肝の予防には筋トレが一番 ! - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

脂肪肝の予防には筋トレが一番 !





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、脂肪肝の原因と予防法について、
お話したいと思います。

脂肪肝とは、その名の通り、肝臓に脂肪が蓄積され、
フォアグラのような状態になってしまうことですが、
近年、若い人の間でも発症者が増えているようであり、
注意しておく必要があります。

健康な肝臓でも3~5%の脂肪は含まれているのですが、
それが脂肪肝になると、肝臓の3分の1以上の細胞に、
脂肪の塊が見られる状態になってしまうのです。

年代別では、40代以降の中高年に特に発症者が多く、
性別では男性の方が発症率が高いようです。

脂肪肝になると、肝臓の機能が脂肪によって阻害され、
だるさや疲労が抜けなくなったり、
吐き気や黄疸が現れたり、症状が進むと、
肝炎や肝硬変、肝臓ガンへと進行することもあります。

そもそも肝臓とは、栄養分を貯蔵し、
不要物を廃棄する重要な臓器なわけですから、
そこが正常に機能しなくなってしまったら、
様々な体の異常が現れてくるのは当然のことなんです。

ところが、脂肪肝には自覚症状がないため、
本人の自覚がない内にどんどん脂肪肝が進行し、
体に異常を感じた時には症状がかなり進んでおり、
なかなか治ってはくれないのです。

ですから、もし、健康診断で脂肪肝だと診断されたら、
たとえ自覚症状がなくても、
直ちに改善するよう、食事療法と運動療法に取り組み、
症状が悪化する前に直しておかなければなりません。

それよりももっと大切なことは、
脂肪肝にならないよう、普段から予防しておくことです。
脂肪肝の原因としては、
1. 糖分と脂肪の摂り過ぎによる肥満
2. アルコールの飲みすぎ
3. 運動不足
が主なものですから、
こういったことに注意して予防しておくということです。

普段から食事に気を付け、適度な運動を行っている人なら、
それほど心配する必要はありませんが、
特に中高年の方で、健康とはほど遠い毎日を過ごしている人は、
脂肪肝になる危険性が非常に高いと言えますので、
意識して予防していく必要があるのです。

そして、特にお勧めしたい予防法が「筋トレ」なのです。
一般的には、ウォーキングを1日20分以上行うなど、
軽い有酸素運動が推奨されていますが、
実は、脂肪肝を予防するには「筋トレ」が一番なのです。
脂肪の少ない健康な肝臓をキープするには、
筋肉量を増やすのが最も効果的な方法だということです。

脂肪肝を予防するためのカギとなるのが「糖代謝」なのですが、
糖は体内でまず、グリコーゲンとして筋肉と肝臓に蓄積され、
余りが中性脂肪として肝臓や脂肪細胞に蓄積されます。

グリコーゲンは運動エネルギーとして消費されてしまうので、
蓄積されても何の問題もないのですが、
問題なのは、中性脂肪として蓄積される分です。
つまり、使われずに残った余りなわけですから、
これがどんどん蓄積されることによって、
皮下脂肪や内臓脂肪が増えていってしまうのです。

そして、糖がグリコーゲンとして蓄積されるか、
中性脂肪として蓄積されるか、その割合というのは、
その人の筋肉量によって違ってくるのです。

グリコーゲンの多くは筋肉に蓄積されますので、
当然筋肉量が多い人ほど、
グリコーゲンとして蓄積される割合が高くなり、
中性脂肪として蓄積される割合が低くなります。

逆に筋肉量が少ない人ほど、
グリコーゲンとして蓄積される割合が低くなり、
中性脂肪として蓄積される割合が高くなります。

つまり、筋肉量が多い人ほど、
効率の良い「糖代謝」が行われているということであり、
筋肉量が少ない人ほど、「糖代謝」が上手く行かず、
肝臓に蓄積される中性脂肪の量も多くなり、
脂肪肝になりやすいということなのです。

ですから、脂肪肝を予防するためには、
筋トレを行い筋肉量を増やしていくことが重要であり、
筋肉量を増やすことで、健康な肝臓がキープされるのです。

ボディビルダーのようなムキムキになる必要はありませんが、
筋肉量を増やしていくためには、
週に2~3回、胸、背、脚の大筋群を中心に、
ダンベルなどを使って筋トレを行う必要があります。

日経ヘルスのアンケートによると、
筋トレに対して、必要だと思っている人が96%もいるのに、
実際に筋トレを行っている人はわずか30%であり、
わかっていてもなかなか実行に移せない人が多いようです。

今回は、脂肪肝についてお話しましたが、
いつまでも健康で長生きするためには、
自ら健康に対する意識を高め予防していくことが大切です。

そして、そのための最良な方法となるのが筋トレですから、
まだ筋トレをはじめていないという人は、
まずは一歩踏み出し、習慣化していくようにしましょう !

最後に1つ役立つ情報として、
脂肪肝の予防には「タウリン」が効果的です。
タウリンを多く含む食品を摂取することによって、
肝臓から脂肪が排出され、健康な肝臓にしてくれるのです。

タウリンは魚介類に多く含まれていて、
特に多いのが、
タコ・イカ・サザエ・ホタテ・カキ・ミル貝・ハマグリ
などです。

こうした魚介類は、低脂肪・高タンパクであり、
糖質はほとんど含まれていませんので、
筋肉量を増やす上でも効果的な食品になってきます。
是非、参考にしてください。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト