筋肉に本当に効いていますか? - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

筋肉に本当に効いていますか?


筋肉をつける効果的な筋トレ



こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、「筋肉に効く」とはいったいどういうことなのか、
その正しい考え方について、お話したいと思います。

先日、私の筋トレ講座に参加されているメンバーの方が、
ジムで「山本式ベンチプレス」を行っていたら、
インストラクターの人から、
「そのやり方は間違っている」と言われたそうです。

それで、なぜ間違っているのかたずねたところ、
筋肉に効かないからだと教えられたそうです。

では、筋肉に効くとはどういうことなのか、
更に突っ込んで聞いてみたところ、
そのインストラクターの人は、
説明に困ってしまったとのことでした。

おそらくこのインストラクターの人は、
自分の感覚だけでそれが正しいと思い込んでいるか、
一般的に行われているやり方に、
何の疑いもなく自分も従っているだけなのでしょう。

つまり、筋肉に効くとはどういうことなのか、
自分の中で確固たる考えは持っておらず、
感覚でものを言ってるにすぎないのです。

では、筋肉に効くとはいったいどういうことなのか、
少し詳しく説明したいと思います。

筋肉に効くとは、つまり、
筋肉が大きなダメージを受けるということです。
筋肉が大きなダメージを受けることで疲労し、
もう動かすことができない状態になるということです。

ただし、ここで勘違いしてほしくないのが、
一般的な動作方法で行っている場合、
自分では限界に達したと思っても、
実際には筋肉はまだ余力を残しており、
限界には達していない場合があるということです。

例えば、腕立て伏せで考えてみますと、
普通の動作方法で腕立て伏せを行い、
もう1回もできない状態になったとします。

しかし、普通の動作方法で限界になった直後に、
腕を曲げる深さを浅くして動作を行うと、
引き続き動作を続けることが可能なのです。

腕を深く曲げる動作方法ではもう無理でも、
腕を曲げる深さを20cm程度にして行うと、
更に10回以上も繰り返せてしまうのです。

つまり、これはどういうことかと言うと、
筋肉はまだそれだけ余力を残していたわけであり、
本当の限界には達していなかったということなのです。

つまり、普通の腕立て伏せで迎える限界点とは、
筋肉にとっての本当の限界点ではなく、
気持ちの上で、限界点だと思ってしまっているだけなのです。

腕を曲げる深さを浅くすればまだ続けられるわけですから、
本当の限界点はもっと先にあるのです。

ですから、この状態で終わってしまっては、
筋肉が受けるダメージはまだ最大化されておらず、
筋肉に十分効いているとも言えないのです。
感覚的にはキツい状態になっていても、
実際にはまだ筋肉は余力を残している状態なのです。

つまり、筋肉に効いている状態とは、
動作が限界点に達したときに、
筋肉にもう余力が残っていない状態、
筋肉が力を全て出し切った状態、
そういう状態になっていなければならないのです。
そういう状態になることが、
筋肉に効くということなのです。

しかし、この状態まで持っていくことは、
普通の動作方法では難しいのです。
普通の腕立て伏せやベンチプレスでは、
本当の限界点に達するのは無理なのです。

私の講座を受講されている方ならお分かりでしょうが、
普通の腕立て伏せやベンチプレスでは、
筋肉の一番弱いポジションに合わせた負荷で行っているため、
どんなに限界までやったつもりでも、
筋肉はどうしても余力を残した状態で終わってしまうのです。

しかし、山本式の腕立て伏せやベンチプレスでは、
筋肉の一番強いポジションに合わせた負荷で行うため、
それだけ大きい負荷を筋肉で受け止め、
それだけ強い筋力を出し切ることができ、
筋肉を本当の限界まで追い込むことができるのです。

ここで言う筋肉の一番強いポジションとは、
筋肉が最も収縮する位置(最大筋収縮位置)であり、
最も強い筋力を発揮することができる位置のことです。

そして、この最大筋収縮位置で、
どれだけ大きな負荷を筋肉に与えられるかが、
筋肉を発達させる上で最も重要なポイントなのです。
山本式筋トレの最大の特徴はココなのです。

今まで普通のベンチプレスで70kg×10回が限界だった人が、
山本式ベンチプレスに変えてみたところ、
1ヶ月もしない内に、80kg、90kgで10回繰り返せてしまうのです。

筋肉の一番強いポジションに合わせた重い負荷を使用し、
最大筋収縮位置でしっかり受け止めさせるフォームで行うことで、
こういったことが普通に起こるのです。
スクワットでもショルダープレスでもアームカールでも、
同じことが起こるのです。

ベンチプレスはバーを胸に触れるまで深く下ろす、
腕立て伏せは胸が床に触れるまで深く体を沈める、
というような、
普通の動作方法を当たり前だと思っている人にとっては、
なかなか受け入れ難いことかもしれませんが、
実際にこの動作方法で、
ベンチプレスの使用重量が半月で17kgも増えたり、
1ヶ月で胸板が10cmも増えたりしている人がいるのです。

つまり、それだけ筋肉に効いているのです。
感覚的な「効き」ではなく、
筋肉が限界まで力を出し切ることで、
筋肉が大きなダメージを受けているのです。

以上、今回は、筋肉に効くとはどういうことなのか、
山本式筋トレの特徴と絡めてお話しましたが、
最終的に筋肉に効いているかどうかは、
筋力や筋肉量の変化によって現れてきますので、
もし、限界まで追い込んでパンプアップもしているのに、
筋力や筋肉量に全く変化がないという場合は、
今のやり方が、筋肉に効いていないということであり、
筋トレのやり方を見直す必要があるということです。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト