ケトルベルでボディビルダーのような筋肉がつけられるのか? - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

ケトルベルでボディビルダーのような筋肉がつけられるのか?





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、「ケトルベルトレーニング」について、
いったいどのような効果が期待できるのか、
そのメリット、デメリットを含めて、
私の考えをお話したいと思います。

先日、大相撲の初場所で琴奨菊が初優勝しましたが、
その琴奨菊が体を鍛えるために使っていたのが、
この「ケトルベル」だったということで、
ここに来て、俄然注目が集まっているようです。

私自身もケトルベルには以前から興味があったのですが、
実は、昨年何度か、ケトルベルを体験する機会があり、
専門のトレーナーから指導を受けたのですが、
私個人として、いろいろ思うところがありましたので、
そのときの感想をもとに、私個人としての、
ケトルベルに対する考えをお話したいと思います。





上の動画では、基本的な「スイング」という動作を行っていますが、
この他にも、片手で行ったり、頭上まで振り上げたり、
いろいろなバリエーションを組み合わせながら動作を行うことで、
確かに全身の筋力強化を図ることができますし、
同時に、高回数の連続動作を繰り返すことで、
心肺機能の向上や筋持久力の強化も可能になると思います。

ですが、どうしても全身の筋肉を連動させる動きが中心であるため、
1つ1つの筋肉を切り離して集中的に鍛えるのには向いておらず、
要は、ボディビルダーのような、
筋肉の形状がはっきりした筋肉を作り上げるには、
ケトルベルだけでは難しいということです。

また、ケトルベルは重心の位置が独特であるため、
ダンベルよりもバランスが取りづらいという点も、
ある特定の筋肉だけを切り離して鍛えたい場合には、
刺激をコントロールしずらくなってくると思います。

たとえば、ケトルベルを使って、
ベンチプレスやアームカールなども行えますが、
動作中の重心の移動をコントロールしないと、
筋肉で的確に負荷を受け止めることが難しくなってきます。

バランスが取りずらい方が筋力強化に有利であり、
コアマッスルも鍛えられるので良いと言う人もいますが、
純粋に筋肥大させることを考えた場合には、
バランスの悪さは最大筋力の発揮を妨げるものであり、
筋肉が大きな負荷を受け止めにくいという点において、
筋肥大にとってはマイナスでしかないのです。

アスリートの中には、わざわざバランスボールの上で、
ダンベルベンチプレスなどを行う人がいますが、
わざとバランスを取りにくくして、
高重量を扱いにくくしているわけですから、
筋肥大効果が高まることはないのです。

アスリートが試合中のパフォーマンスを向上させるために、
体のバランス能力を強化させるには良いかもしれませんが、
ボディビルダーのような、1つ1つの筋肉の形状がはっきりした、
ムキムキの筋肉をつくるのには向いていないのです。

なお、ケトルベルは重量が固定式であり、
ダンベルのような細い重量調整ができないため、
負荷を漸進的に増やしていく上でも不利になってきます。

また、連続して振り上げ動作を行うことで、
肘や手首への負担も大きくなってきますので、
怪我には十分注意する必要があります。

ケトルベルトレーニングの最大の利点は、
全身の筋肉を連動させた連続動作にあります。
たとえば、動画で行っているようなスイングを連続して行うことで、
上半身、下半身、体幹部が連動して鍛えられ、
その結果、全身の筋力バランスが強化されると伴に、
筋持久力、パワー、スタミナを向上させることができるのです。

これは、あらゆるスポーツ競技において大切なことであり、
実際、総合格闘技の選手などの間では、
ケトルベルトレーニングが広く行われているのです。

ですから、そういった目的においては、
ケトルベルトレーニングは有効であると言えるのですが、
あくまで実戦的な筋肉強化が主目的であり、
ボディビルダーのような見せるための筋肉を作り上げていくには、
バーベルやダンベル、マシンなどでの、
ボディビルトレーニングも必要になってくるということです。

先場所初優勝した琴奨菊にしても、
全身の筋力やパワーの強化が主たる目的であったわけで、
ボディビルダーのような筋肉を目指していたわけではありません。

ですから、ケトルベルトレーニングとボディビルトレーニングでは、
その目的において異なる部分があるということを理解した上で、
どちらを優先させるべきかを良く考え取捨選択し、
目的に合ったトレーニングをしていくことが大切なのです。

実際、私の知る限りでは、現役のボディビルダーの人で、
ケトルベルトレーニングを優先して行っている人はいませんし、
ケトルベルトレーニングだけで、
ボディビルダーのようなムキムキな筋肉になれたという話も
聞いたことがありません。

ですから、結論としましては、
ボディビルダーのようなムキムキな筋肉を目指したいなら、
ケトルベルトレーニングよりも、
バーベルやダンベルによるトレーニングを行うべきであり、
見た目の筋肉の形状ではなく、
実戦的な全身の筋力やパワーを強化したいなら、
ケトルベルトレーニングも有効になってくるということです。

まあ、バーベルやダンベルでのトレーニングでも、
動作方法やプログラムの組み方によって、
実戦的な筋力やパワーを強化することはできますので、
私個人の考え方としては、総合的に判断したら、
バーベルやダンベルの方が有用性が高いと思いますし、
特にケトルベルは必要ないと思います。

今回は、ケトルベルトレーニングについて、
私個人としての考えをお話させてもらいましたが、
ケトルベルトレーニングを本格的に行っている人からしたら、
「そうじゃないよ!」と思われるかもしれませんが、
これはあくまで私個人の見解ですから、
意見の相違があった場合には、ご容赦ください。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト