日本人ボディビルダーの体の大きさについて - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

日本人ボディビルダーの体の大きさについて


筋肉をつける効果的な筋トレ



こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、日本人ボディビルダーの体の大きさについて、
お話したいと思います。
ボディビルのコンテスト出場を目指している人は、
是非参考にしてください。

ステージ上でポーズを取るボディビルダーを見ると、
胸板が分厚く、腕も脚もかなり太く見えますが、
実際のところ、どれくらいのサイズがあるのか、
興味がある人も多いかと思います。

もしボディビルのコンテスト出場を目指しているなら、
目指すべき目標とする上でも、
なおさら知っておきたいことだと思います。

ただし、コンテスト当日のボディビルダーというのは、
何ヶ月も減量して体脂肪率を極限まで下げた状態ですので、
オフシーズンと比べたら体重も軽いですし、
実際のところ体のサイズも小さくなっています。

ですが、ステージ上ではその方が大きく見えるのです。
皮下脂肪がほとんどない状態なので、
筋肉がセパレートされ輪郭がはっきりと見えるため、
ステージ上のライトに照らされると筋肉に凹凸感が出て、
実際よりも迫力が出て体を大きく見せられるのです。

もし、筋肉のサイズはあったとしても、
体脂肪率が高い状態でステージに立ったとしたら、
筋肉のセパレート感や凹凸感は感じられず、
全体的にノッペリしたような感じに見えてしまい、
ステージ上での迫力はなくなってしまうのです。

ボデイビルコンテストで勝つためには、
実際の筋肉のサイズはもちろん必要ですが、
単に筋肉が大きいから勝てるというわけではなく、
ステージ上でどれだけ体を良く見せられるかなのであり、
そのために減量して脂肪を削り取り、
筋肉の輪郭が目立つようにしているのです。

では、実際に日本人のボディビルダーたちは、
コンテスト当日どれくらいのサイズに仕上げているかですが、
もちろん人によって個人差はありますし、
ミスター日本クラスのボディビルダーと
地方選手権クラスのボディビルダーとでも違いますので、
一概に「こうだ」と断定することはできません。

ですから、あくまで平均的なサイズとしてですが、
ボディビルダーのコンテスト当日の体重としては、
自分の身長から100を引いた体重が目安となります。
また、体脂肪率は5~7%といったところです。

たとえば、身長が170cmの人であれば、
体脂肪率5~7%で体重が70kgというのが、
コンテスト当日の目安ということです。

この数字だけ見ると、現在体重がある人にとっては、
それほど無理がないように思われるかもしれませんが、
実際には、ステロイドなどの筋肉増強剤を使用していない、
完全にナチュラルなボディビルダーにとっては、
決して簡単な数字ではないのです。

初めてコンテストに向けて本格的な減量を行った場合、
多くの人が、もっと軽い体重での仕上がりとなってしまうのです。
減量中に、脂肪と一緒に筋肉も大量に落としてしまい、
バリバリに絞られてはいるものの、
迫力に欠ける体になってしまうのです。

あるいは、そもそもまだ筋肉量が少ないのに減量してしまい、
脂肪は減っても筋肉量自体がまだ少ないので、
体の線が細く痩せているだけに見えてしまうのです。

ですから、初めてコンテストに挑戦する人にとっては、
いきなり「身長-100」の体重で、
体脂肪率5~7%で仕上げるのは難しいかもしれませんが、
地方選手権レベルであっても、コンテストで上位に入るためには、
まずは、そのレベルを目標として仕上げるのが良いと思います。

では、ボディビルの地方選手権で優勝した人たちは、
実際に、コンテスト当日どれくらいのサイズだったのか、
もう10年以上前の資料ではありますが、
各地方選手権で優勝したボディビルダーたちの、
実際の体のサイズを紹介したいと思います。
(ただし、あくまで自己申告によるデータになります)

(ミスター栃木優勝者・35歳)
身長 : 167cm
体重 : 67kg(オフシーズンは85kg)
胸囲 : 107cm
上腕囲 : 40cm
大腿囲 : 56cm
ウエスト : 70cm

(ミスター兵庫優勝者・30歳)
身長 : 178cm
体重 : 82kg(オフシーズンは110kg)
胸囲 : 120cm
上腕囲 : 43cm
大腿囲 : 63cm
ウエスト : 77cm

(ミスター福岡優勝者・43歳)
身長 : 173cm
体重 : 74kg(オフシーズンは82kg)
胸囲 : 117cm
上腕囲 : 42cm
大腿囲 : 65cm
ウエスト : 71cm

(ミスター茨城優勝者・41歳)
身長 : 178cm
体重 : 77kg(オフシーズンは86kg)
胸囲 : 113cm
上腕囲 : 41cm
大腿囲 : 62cm
ウエスト : 78cm

(ミスター愛知優勝者・35歳)
身長 : 165cm
体重 : 65kg(オフシーズンは72kg)
胸囲 : 115cm
上腕囲 : 39cm
大腿囲 : 57cm
ウエスト : 68cm

以上、5人の地方選手権優勝者のデータになります。
あくまで自己申告によるものですから、
どこまで正確かは分かりませんが、
ただし、身長と体重に関しては、
ほぼ正確な数字となっていると思います。

他の都道府県における優勝者のデータを見ても、
身長と体重の差は100前後となっており、
先程お伝えした「身長-100」の体重が、
平均的な仕上がり体重となっています。

なお、初めてコンテストに出場してから、
優勝するまでに何年かかったかという質問では、
最短の人で3年、最長の人で15年となっており、
決して簡単な道のりではないことが分かります。

ボディビルダーの体型というのは、
一般の人から見たら特殊な体型であり、
標準体重など一般的な基準には当てはまりませんので、
ボディビルルのコンテスト出場を目指す場合には、
こういった実際のデータを目安として、
自分の目標を決め取り組んでもらいたいと思います。

なお、海外の決してナチュラルとは言い難い、
怪物的な筋肉のボディビルダーを基準としてはいけません。
彼らは、たとえば身長170cmそこそこでも、
コンテスト当日の体重が、
体脂肪率5%以下で100kgを超えており、
ナチュラルな状態では決してたどり着くことができない、
極めて危険な領域にいる人たちですから、
見て楽しむだけにしておいてください。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト