野球における下半身強化の重要性について - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

野球における下半身強化の重要性について


筋肉をつける効果的な筋トレ



こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、野球における下半身強化の重要性について、
お話したいと思います。

ただし野球に限らず、手足を振り回すような、
あらゆるスポーツに共通した考え方になりますので、
是非、お役立て頂ければと思います。

さて、前回大谷投手が速い球を投げられる理由について、
筋肥大と筋力アップの観点からお話しましたが、
記事を読んで頂いた高校生の方から、
投球における下半身の役割について教えてほしい、
というご要望がありましたので、
今回、記事として取り上げさせて頂きました。

では、投球における下半身の役割ですが、
投球のみならず、打撃においても、
非常に重要な役割を担っています。

投手が球速を上げるにしても、
打者が飛距離を伸ばすにしても、
そのエネルギーの源は下半身にあるのです。

野球における身体の重要な使い方として、
全身を使った「うねり動作」があります。
投げるにしても打つにしても、
体の回転を伴う「うねり動作」が必要なのです。
下から上にうねり上げていくような動作です。

そして、その「うねり動作」を行うための、
エネルギーの源が下半身にあるのです。
ですから、下半身を強化することで、
「うねり動作」で発揮できるエネルギーも大きくなるのです。

たとえば野球の投手の場合には、
速球のエネルギーの5~7割は、
下半身から生み出されているのです。
球速160キロの速球なら、
その内の80~110キロ分のエネルギーは、
下半身から生み出されているということです。

昔からよく、「足で投げろ」「腰をしっかり入れろ」
などと言われますが、正にその通りなのです。
要は下半身を使えということであり、
「うねり動作」の重要性を言っているのです。

では、「うねり動作」のしくみについてですが、
動作の起点となるのは「腰(骨盤)の回転」です。
下半身の力で骨盤を回す動作をしっかりと行うことで、
「うねり動作」のエネルギーを生み出していくのです。

そして、骨盤を回転させて生み出されたエネルギーを
上半身へと伝え、さらには、上腕、前腕、指先へと、
身体の幹の部分から先端部へと伝えていくのです。

つまり、骨盤の回転力が大きいほど、
伝わるエネルギーも大きくなるわけですから、
エネルギーの源は下半身にあるということなのです。

投手における「うねり動作」とは、
骨盤の回転から生み出されたエネルギーを、
指先まで伝えていく身体の使い方のことであり、
(1)下半身の力による骨盤の回転
(2)骨盤の回転力を利用した体幹の回転
(3)腕の振り下ろし
の順に動作が行われるということです。

この、骨盤の回転を起点とした「うねり動作」は、
野球の投球や打撃に限らず、
手足を振り回す全ての競技に共通した身体の使い方であり、
そのためのエネルギーを生み出すためには、
その起点となる下半身の強化が重要だということです。

では、下半身の強化に向けて、
実際の筋トレを行う場合ですが、
骨盤の回転力を高めるためには、
脚と腰の筋力強化がポイントになります。

具体的な種目としては、
スクワット(大腿四頭筋、大臀筋)
ランジ(大腿四頭筋、大腿二頭筋、大臀筋)
レッグプレス(大腿四頭筋)
レッグカール(大腿二頭筋)
バックエクステンション(脊柱起立筋、大腿二頭筋、大臀筋)
ツイストクランチ(腹直筋、外腹斜筋)
カーフレイズ(腓腹筋、ヒラメ筋)
などを行うようにします。

ただし、スロートレーニングのような筋トレではなく、
効果的に反動を使いながら、
出来るだけ高重量を全速力で動かすようにします。

高重量×スピードによって、
筋力をパワーへと高めることができ、
スポーツで役立つ実用的な筋肉が養成できるのです。

今だにスロートレーニングの信奉者が多いですが、
スポーツで必要な実用的な筋肉はつきませんので、
無駄な努力をしないよう注意してください。

また、一般的な考え方としては、
上半身と下半身をバランスよく鍛えた方が良いとされていますが、
これからスポーツのための体づくりを始めるという場合には、
まずは、下半身強化を中心に取り組むことが大切です。

大谷投手など、速い球を投げられる投手は、
すでに下半身が強化されているので、
さらに球速を上げるためには、体幹や腕の筋トレも大切ですが、
これから速い球を投げられるよう鍛えていくという人は、
まずは、下半身の強化を重視し、
筋トレも下半身中心に行うことが大切です。

いくら胸や肩、腕の筋力が強くても、
エネルギーの発信源となる脚や腰が弱くては、
速い球は投げられないのです。
逆に言えば、下半身が強ければ、
腕力が弱くても、ある程度の速球は投げられるのです。

以上、「うねり動作」のしくみについて説明しましたが、
このような「うねり動作」は、野球、テニス、サッカーなど、
手足で外部に力を伝えるあらゆるスポーツで使われます。

ですから、この「うねり動作」が上手く出来るようになれば、
たいていのスポーツが上手に出来るようになります。

子供の頃、野球チームでエースで四番だった友達は、
野球に限らず、どんなスポーツでも上手にこなし、
スポーツ万能なイメージでしたが、もともと下半身が強く、
自然に「うねり動作」が身に付いていたのでしょう。

もちろん、大人になってからでも、
下半身を強化し、「うねり動作」を身に付けることで、
スポーツ能力を向上させることは可能ですから、
是非今回の記事を参考にして、
効果的なトレーニングを行ってください。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト