すぐに効果を体感できる筋肉増強サプリメント - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

すぐに効果を体感できる筋肉増強サプリメント

こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、「すぐに効果を体感できる筋肉増強サプリメント」について、
私が実際に使用した感想を含めお伝えしたいと思います。

実は、ここ2週間ほど、新しいサプリメントを試してみました。
アミノ酸系の筋肉増強サプリメントなのですが、
主成分として、
・クレアチン
・BCAA
・HMB

という3種類の筋肉増強成分が混合されているものです。

私は以前、クレアチンを使用した際に、
正直あまり効果を体感できなかったので、
それ以来、クレアチンは使用していなかったのですが、
今回、BCAAとHMBも混合されているということで、
非常に興味がありましたので、
ちょっと試してみようかと思ったのです。

すると、今まで感じたことのない体の反応があり、
初めて、クレアチンの効果を体感することが出来たのです。
もちろん、クレアチンについては、いろいろ調べて知ってはいましたが、
実際に効果を体感できたのは、今回が初めてだったので、
ちょっと感動してしまいました。

クレアチン単体で使用したときは感じなかったのですが、
今回は、筋力アップの面で、すぐに効果が現れました。
使用して1週間程度で、軒並み使用重量が増えたのです。

特に、大筋群の種目である、
ベンチプレス、ベントオーバーロウイング、スクワットにおいて、
反復回数、使用重量を伸ばすことが出来たのです。
また、筋肉のパンプアップも強まった感じでした。

はっきりした理由はまだ何とも言えませんが、
おそらく、BCAA、HMBと一緒に摂取されたことによって、
体にプラスの相乗効果があったのだろうと思いますが、
私のクレアチンに対する印象が大分変りました。

では、今回私が試した新しいサプリメントについて、
少し詳しくお話させて頂こうと思いますが、
商品名は「ディープチェンジクレアチン」と言います。






主成分は、クレアチン、BCAA、HMBになるのですが、
それぞれの効果について説明しておきますと、

(1)クレアチン

クレアチンとは、もともと筋肉中に蓄えられているものなのですが、
強い筋力を発揮する際のエネルギー源になっているものです。
つまり、クレアチンが筋肉中に多く蓄えられている方が、
強い筋力を発揮しやすくなるということです。
そしても筋力アップに伴い、筋肥大も起こってくるのです。

ですから、ボディビルダーやパワーリフターには、
クレアチン愛好家が沢山いますし、
筋力アップには最も適したものだと言われているのです。

クレアチンは、肉や魚にも含まれていますが、
筋力アップに必要なクレアチンの量を摂取するには、
1日に肉や魚を4~5kgも食べなければならないのです。
ですから、現実、食事から必要な量を摂るのは困難であり、
サプリメントで摂った方が効率が良く便利なのです。

では、なぜ、クレアチンを摂取すると、
短期間で筋力アップが可能となるのかですが、
クレアチンを摂取すると筋肉中で水分と結び付き、
筋肉中に多くの水分を引き込むようになります。

すると、筋肉が一時的に膨らみ弾力性も増し、
普段よりも強い筋力を発揮しやすくなるのです。
パンプアップしやすくなるのもこのためです。

また、筋肉中に水分が多く引き込まれると、
水分と一緒に他の栄養素も筋肉中に取り込まれやすくなるため、
筋肉の状態が良くなり、強い筋力を発揮しやすくなるのです。

ですから、クレアチンを摂取している間は、
普段よりも水を多く飲むことで、
より効果を体感しやすくなるのです。

また、炭水化物も体内で多くの水分と結び付きますので、
クレアチンを摂取する際には、
消化しやすい炭水化物と一緒に摂ると効果的なのです。


(2)BCAA

BCAAとは、分子構造から分岐鎖アミノ酸と呼ばれ、
具体的には、必須アミノ酸である、
バリン、ロイシン、イソロイシンが該当します。

BCAAは、筋肉を構成するアミノ酸の内の、
約35%を占める重要なアミノ酸であり、
それだけ筋肉づくりに果たす役割は大きく、
同時に、筋トレ中に消費される量も多くなります。

BCAAの大きな役割としては、
筋トレ中に起こる筋肉の分解を抑制することです。

筋トレを行うと、筋肉中から必須アミノ酸がどんどん消費され、
筋肉自体が分解されてしまう可能性があるのですが、
筋トレ直前にBCAAを摂ることで、
BCAAが筋肉の代わりにエネルギーとして分解されるため、
筋肉自体の分解を抑制することが出来るのです。

また、筋トレ中の中枢性疲労の軽減と回復にも役立ち、
セット終了後の筋肉疲労から早く回復させられるため、
それだけ強い筋力を発揮し続けることが可能となり、
筋力アップや筋肥大効果を高めることが出来るのです。


(3)HMB

HMBとは、BCAAの中の1つであるロイシンが代謝され、
ロイシンが更に変換された成分なのですが、
筋肉の分解を防ぎ、筋力アップ、筋肥大効果を高めるとして、
最近非常に注目されています。

もちろん、BCAAを摂取すればロイシンが摂れるわけですから、
その中にHMBも含まれているわけですが、
ただし、ロイシンからHMBには、約5%ほどしか変換されないため、
BCAAから摂るよりも、HMBを直接摂ってしまった方が効率的なのです。

そこで注目されてきたのが、
直接HMBを摂ることが出来るサプリメントなのです。

今では、HMB系のサプリメントは多数出回っておりますが、
いち早くこの効果に着目した人たちは、
HMBを上手く利用することで、
筋肉増強効果を高めることに成功しているのです。


以上、3つの筋肉増強成分について説明しましたが、
これらを混合して1つにしたのが、
今回の「ディープチェンジクレアチン」なのです。

3つの成分には、それぞれ高い筋肉増強効果があるのですが、
私の感じ方としては、クレアチン効果がメインで、
BCAAとHMBがそれを更に高めているといった感じです。

ですから、私が今回、短期間で効果を体感できたように、
今まで、クレアチンの効果を体感できなかったという人でも、
BCAAとHMBとの相乗効果によってクレアチン効果を引き出し、
クレアチン単体で摂るよりも、
更に高い効果を期待できると思います。

ディープチェンジクレアチンの飲み方としては、
筋トレ前に、消化の良い炭水化物と一緒に摂ると良いでしょう。

私は筋トレ直前に、エネルギーinゼリーと一緒に摂っていました。
バナナやオレンジジュースなどと一緒にとってもOKです。

ただし、バナナやおにぎりなどの固形物と一緒に摂る場合には、
消化されるまでの時間を考慮し、
筋トレの1時間前くらいに摂った方が良いと思います。

形状はカプセルタイプなので、
それを1日1回、筋トレ前に水で飲むだけです。

飲む量は3~6粒と表記されていますが、
私は1日1回、筋トレ前に6粒ずつ飲んでいました。

クレアチンやBCAAの働きを考えた場合、
筋トレ前に摂るのが最も効果的だと思います。

その他のタイミングにおいては、
わざわざディープチェンジクレアチンを摂る必要はなく、
通常の食事とプロティンで十分です。

クレアチンは、今まで全く試したことのない人の方が、
体が反応しやすく、効果を体感しやすいですから、
まだクレアチンを試したことがないという人にとっては、
体づくりの起爆剤になる可能性が十分あると思います。

ということで、本日は、「ディープチェンジクレアチン」について、
私の体験談も含め紹介させて頂きましたが、
お勧めの筋肉増強サプリメントになりますので、
是非、興味のある方は、お試し頂ければと思います。






スポンサーサイト