断食ダイエットは筋肉の為ならず! お勧めできません! - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

断食ダイエットは筋肉の為ならず! お勧めできません!





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、「断食ダイエット」について、
私の考え方をお伝えしたいと思います。

断食ダイエットとは、何も食べないダイエット法ですが、
完全に食事を断ち水も飲まないハードなものや、
水や酵素ドリンクだけは飲んで良いものなど、
目的や体調に応じてやり方はいろいろあります。

当然体に食べ物が入って来なくなるわけですから、
体は蓄えてある脂肪をエネルギーに変えて使うようになり、
短期間の内に脂肪が減り痩せてきます。

例えば、3日間何も食べずに過ごしたとしたら、
たった3日間であっても体重は減ってきますし、
余分な脂肪を減らすこともできます。

ですから、手っ取り早く痩せたいという場合には、
断食ダイエットは、確かに効果的な方法だと言えます。
実際、断食ダイエットを定期的に行い、
スリムな体型を維持している人は大勢います。

また、ある一定期間、断食ダイエットに取り組むことで、
胃腸や肝臓の機能が回復したり、老化物質を排出したりなど、
体を内から元気にする効果も得られるということで、
断食ダイエットの人気は高まっているようです。

しかし、何日間も食事を摂らずにいたら、
筋肉が減るんじゃないかと心配する人も多いかと思います。

特に、筋肉をつけようと筋トレに励んでいる人にとっては、
食事を断つという行為は、なかなか受け入れ難いものです。

果たして、断食ダイエットをしても、
筋肉量が減ることはないのでしょうか?

結論から言いますと、断食ダイエットを行うと、
脂肪と一緒に筋肉も減らすことになります。
どんなに気を付けていても、
断食している限り、確実に筋肉は減ってきます。

もっと言うと、断食ダイエットの最中においては、
脂肪よりも筋肉の方が先に減ってきます。

ですから、体重が減って見た目には痩せたとしても、
脂肪以上に筋肉を減らしてしまっているのです。

断食ダイエットを勧める専門家の中には、
アミノ酸とブドウ糖を摂りながら断食に取り組めば、
筋肉を減らすことはないと言う人がいますが、
実際には、アミノ酸とブドウ糖を摂っていたとしても、
食事を断っている限り、筋肉の減少を防ぐことはできません。
3日もしない内に筋肉の減少は起こってきます。

確かに理論上は、糖が枯渇することにより、
筋肉(アミノ酸)の分解が起こるわけですから、
アミノ酸とブドウ糖を補いながら行うことで、
筋肉の分解を抑えられると考えられます。

しかし、実際に取り組んでみるとわかるのですが、
食事を断ち、摂取カロリーが極端に低い状況下においては、
いくらアミノ酸とブドウ糖を摂っても効果はないのです。

なぜなら、生命維持のためのエネルギー源として、
つまり基礎代謝として使われてしまうからです。

基礎代謝量は筋肉量によって違いますが、
平均的な1日の基礎代謝量の目安としては、
およそ1200kcalとなります。

つまり、体が正常な状態を保つためには、
最低でも1日にそれだけのエネルギー量を、
食事から摂る必要があるということであり、
このエネルギー量を下回ってしまうと、
体は生命維持に対する危険信号を発し、
全ての栄養素を基礎代謝に使うようになってしまうのです。

ですから、摂取カロリーが極端に低い状況下においては、
アミノ酸とブドウ糖を摂取したとしても、
筋肉量の維持のために使われるのではなく、
基礎代謝のために使われてしまうということなのです。

もし、1日に200kcalや300kcalしか摂っていなかったら、
体は生命維持を最優先で考えるようになり、
全ての栄養素を使って基礎代謝維持に取り組むようになり、
筋肉量維持のことなど考えていられなくなるのです。

それどころか、筋肉自体を削り取ってでも、
生命維持のためのエネルギーを作り出そうとするのです。

ですから、アミノ酸が筋肉維持のために使われるには、
最低でも1200kcalは食事から摂らなければならないのです。
そして、基礎代謝が正常に行われることで、
体は、アミノ酸を筋肉量維持のための使うことができるのです。

また、人間の体は、飢餓状態においては、
脂肪よりも筋肉の方を先にエネルギーとして使うようになります。

なぜなら、脂肪は筋肉の2倍以上のエネルギー量となるため、
脂肪は最後の切り札として、後から使われるようになるのです。

ですから、ダイエット中であったとしても、
筋肉量を減らさないためには、
摂取カロリーが基礎代謝量を下回るような、
飢餓状態は絶対に避けなければならないのです。

私が勧める「糖質制限ダイエット」とは、
根本の部分において「断食ダイエット」とは全く違うものです。

糖質制限ダイエットでは、糖質を制限したとしても、
タンパク質と脂肪からエネルギーを確保しますので、
摂取カロリーが基礎代謝量を下回るようなことはありません。
ですから、筋肉量を維持しながらのダイエットが可能なのです。

しかし、それでも気を付けていないと、
筋肉量は減ってきてしまいますので、
断食ダイエットでは尚更だということです。

そもそも断食とは、お寺の修行僧たちが行っているものであり、
ダイエットを目的として行われているものではありません。
食事を断つことによって体の中を浄化し、
心身を清めることが目的なのです。
ですから、筋肉がどうなろうと関係ないのです。

時には長期間に渡る厳しい断食業を敢行し、
筋肉が削げ落ち骨と皮の状態になることもあるのです。
ですから、そもそも根本の部分が違うのです。

筋肉が減っても構わないから見た目をとにかく細くしたい、
というなら、断食ダイエットは効果的だと思いますが、
ボディビルダーなどが行うダイエット法としては、
筋肉量維持が困難であることから、お勧めすることはできません。

ボディビルダーでも、コンテスト直前になって、
脂肪が落ち切れていないために、
筋肉の減少を覚悟で断食する人もいますが、
それはあくまで最終手段であって、
最初から断食ダイエットを行うのはリスクが高いのです。

今回は、断食ダイエットについてお話してきましたが、
断食ダイエットを決して全面否定しているわけではなく、
筋肉量維持という観点からはお勧めできないということであり、
要は、目的に応じた選択をすることが大切だということです。

これからダイエットに取り組もうという人も多いかと思いますが、
自分の目的や体調に合ったダイエット法を選択することが、
ダイエットを成功させる上で大切になってきますので、
事前の情報収集をきちんとした上で取り組んでほしいと思います。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト