バランスボールの筋肥大効果について - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

バランスボールの筋肥大効果について





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、バランスボールの筋肥大効果について、
お話したいと思います。

バランスボールは今や大変ポピュラーなものであり、
実際に使用されている方も多いのではないでしょうか?
フィットネスクラブによっては、
バランスボールを使ったレッスンもあるそうです。

実際の効果としても、体幹の強化や姿勢の矯正、
あるいはダイエット(脂肪燃焼)の促進など、
さまざまな効果が認められています。

では、筋肥大効果の方はどうなのでしょうか?
バランスボールを使うことで、
筋肉を大きくすることは出来るのでしょうか?


バランスボール


たとえば、よく行なわれている方法として、
バランスボールに仰向けに寝てダンベルベンチプレスをしたり、
バランスボールに座ってダンベルショルダープレスをしたり、
そういった使い方をされている方が多くいます。

しかし、残念ながら、
バランスボールを使って筋トレをしたとしても、
筋肥大効果を高めることは出来ません。

ほんの少しの筋肉ならつけられるかもしれませんが、
マッチョな筋肉をつけるのは無理なのです。

バランスボールの使用に当たっては、
体幹の強化や姿勢の矯正には効果があっても、
筋肥大とは切り離して考えるべきなのです。

実際、バランスボールを使用されている方の多くは、
体幹(インナーマッスル)の強化や姿勢の矯正、
スポーツ競技のパフォーマンス向上を目的としており、
マッチョな筋肉が欲しくて行っているわけではないのです。

先日も、プロテニスプレーヤーの錦織圭さんが、
バランスボールを使った筋トレを行っていましたが、
筋肉を大きくするのが目的なのではなく、
あくまでも試合に勝つための体の調整力、
試合中の体のバランス力を強化することが目的なのです。

ですから、もし、筋肥大効果を期待して、
バランスボールを使って筋トレをしているのでしたら、
トレーニング法を変えた方が良いということなのです。

では、なぜ、バランスボールでは筋肉を大きくできないのか、
その理由について説明したいと思いますが、
まず最初に、きちんと理解しておかなければならないのが、
筋肥大トレーニングの本質についてなのです。

本質とは、「そのものの本来の姿」のことですが、
つまり、筋肉を大きくするためには、
筋肥大トレーニングの本来の姿を知る必要があるということです。

ところが、ほとんどの人たちは、
筋肥大トレーニングの本来の姿を知らないのです。
間違った情報やノウハウに振り回され、
本来の姿を見失ってしまっているのです。

では、「筋肥大トレーニングの本質」とは、
いったいどのようなものなのかですが、
筋肥大トレーニングの本質とは、
大きな筋力を発揮しやすいフォームを用いて、
より大きな負荷を受け止めることなのです。

もう一度言いますが、
筋肥大トレーニングの本質とは、
大きな筋力を発揮しやすいフォームを用いて、
より大きな負荷を受け止めることなのです。

具体的な例で言いますと、
例えば、バーベルアームカールを行うとしたら、
30kgのバーベルしか扱えないフォームよりも、
50kgのバーベルを扱えるフォームの方が、
筋肥大効果が高いということです。

ただし、ただ単に高重量を扱えるだけでなく、
筋肉で大きな負荷を受け止められるフォーム
でなければなりません。

筋肉で大きな負荷を受け止めるとは、
筋肉がどれだけ大きな負荷を認識できるかということです。

そして、筋肉が認識できる負荷が大きければ大きいほど、
筋肉はもっと大きくなろうとするのです。

では、筋肉が認識できる負荷とは、
いったいどのように決まるのかですが、
筋肉が認識できる負荷とは、
扱っているバーベルやダンベルの重量によって決まるのです。

例えば、50kgのバーベルを扱っているのであれば、
筋肉は最大50kgの負荷を認識することができ、
もし、100kgのバーベルを扱っているのであれば、
筋肉は最大100kgの負荷を認識することができるのです。

しかし、扱っている重量以上の負荷を認識することは出来ません。
例えば、30kgのバーベルしか扱っていないのであれば、
たとえいかなるフォームを用いたとしても、
筋肉が認識できる負荷は最大30kgまでなのです。

ですから、より重い重量を扱えるフォームで行う方が、
筋肉が認識できる負荷も大きくなり、
それだけ筋肥大効果も高められるのです。

筋肥大を促す唯一の要素は「負荷の大きさ」なのです。
30kgのバーベルしか扱えない人と、
100kgのバーベルを扱える人では、
後者の方が、明らかに筋肉は大きいのです。

これは当たり前の原理原則なのですが、
筋トレにおいては、この当たり前のことが捻じ曲げられ、
全く意味のないフォームが横行しているのです。

具体的には、わざと高重量を扱いにくくしているフォームです。
本来もっと重い重量を扱える筋力があるはずなのに、
フォームが悪く発揮できる筋力を抑制してしまっているのです。

例えば、よく行なわれているのが、
反動を使わずにゆっくり動かすフォームです。
ストリクトフォームと言われていますが、
これは、わざと高重量を扱いにくくしているフォームです。

反動を使わずにゆっくり動かすフォームでは、
最大筋力を発揮することはできません。
人間の骨格筋の構造を考えたら当然のことです。

速いボールを投げるのに、
無反動な姿勢では投げられませんし、
強いパンチを打つのに、
スローな動きでは打つことができません。

無反動でスローな動きでは、
発揮できる筋力が抑制されてしまうので、
速いボールも投げられないし、強いパンチも打てないのです。

ですから、反動を使わずにゆっくり動かすフォームでは、
発揮できる筋力が抑制されてしまうため、
高重量を扱うことが難しく、筋肥大効果も低いのです。

つまり、筋肥大トレーニングの本質とはかけ離れたものであり、
全く別のトレーニング法なのです。
筋肉を大きくするのには向いていないということです。

改めて確認しますが、
筋肥大トレーニングの本質とは、
大きな筋力を発揮しやすいフォームを用いて、
より大きな負荷を受け止めることなのです。

わざと発揮できる筋力を抑制し、
高重量を扱いにくくするトレーニングが、
筋肥大を促すことなど出来ないのです。

筋肥大にとって必要な大きな負荷とは、
どれだけ重いバーベルやダンベルを扱えるかということです。
30kgの負荷よりも100kgの負荷を扱える人の方が、
筋肥大効果が高められるのです。

ですから、筋肥大させるためには、
本来の筋力を最大限に発揮できるフォームを用い、
出来るだけ重い重量で行わなければならないのです。

ということで、バランスボールに話を戻しますが、
バランスボールを使うということは、
わざわざバランスの悪い姿勢になって、
筋力を発揮しにくくするということなのです。
ですから、筋肥大効果も低いのです。

スポーツ競技においてパフォーマンスを向上させるためには、
こうしたトレーニングも必要だと思いますが、
しかし、筋肥大を目的としたトレーニングとしては、
適していないということになるのです。

バランスボール自体を否定しているわけではなく、
バランスボール自体には、体幹の強化や姿勢の矯正など、
パフォーマンス向上に役立つ効果があるのです。

ただし、筋肉を大きくするという効果については、
筋肥大トレーニングの本質とはかけ離れており、
目的に沿わないトレーニングだということなのです。

ですから、筋肥大が主たる目的の場合には、
わざわざバランスボールを使う必要はなく、
本来の筋肥大トレーニングをした方が良いのです。

また、バランスボールを使用していない方でも、
筋肥大効果がなかなか得られないという場合には、
現在行っている自分のトレーニングが、
筋肥大トレーニングの本質に沿ったものになっているかどうか、
見直しをかけてみることをお勧めします。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト