筋肉の伸ばしすぎは危険 - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

筋肉の伸ばしすぎは危険





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、筋トレ動作における重要なポイントについて
お話したいと思います。

ここをきちんと理解しておかないと、
十分な筋トレ効果を得られないばかりか、
怪我の危険性も高まってしまうのです。

では、そのポイントとは何かと言いますと、
「筋肉の伸ばしすぎは危険」ということです。

筋トレの動作とは、筋肉が「縮む動作」と
筋肉が「伸びる動作」の繰り返しによって
行われるのですが、
ほとんどの人がここで勘違いをしてしまっています。

ほとんどの筋トレ雑誌や筋トレサイトでは、
筋肉を発達させるには、筋肉を十分ストレッチさせる
ことが重要だと説明しているため、
多くの人が、それを鵜呑みにしてしまっているのです。

いわゆる「フルレンジトレーニング」と言って、
筋肉をしっかり伸ばしてから挙上させていく方法です。

たとえば、

ベンチプレスでは、バーベルを胸に触れるまで深く下ろし、
大胸筋をしっかりとストレッチされてから挙上しましょう。

ダンベルフライでは、体のラインよりも肘を深く下ろし、
大胸筋をしっかりと伸ばすことが重要です。

腕立て伏せでは、胸が床に触れるくらい、
1回1回体を深く沈めましょう。

スクワットでは、1回1回、太ももが床と平行になるまで
深くしゃがみましょう。

など、

ほとんどの筋トレ雑誌や筋トレサイトでは、
筋肉を伸ばす(ストレッチさせる)ことが、
正しい筋トレ動作であると説明されているのです。

しかし、骨格筋の構造と筋発達のメカニズムを考えたら、
動作中に筋肉を伸ばしすぎることは逆効果であり、
筋肉の発達を阻害してしまっているのです。

さらには、怪我を誘発する極めて危険な動作なのです。

一般のトレーニーは、こういったことを何も考えずに
筋トレをしている人がほとんどであり、
筋トレ雑誌や筋トレサイトに書いてあったとか、
筋肉がストレッチされると効く感じがするとか、
そういったことで何の疑いもなく実践しているのです。

では、なぜ、筋トレ動作において、
筋肉を伸ばしすぎることは逆効果なのか、
少し具体的に説明したいと思います。

まず最初に知っておいてほしいこととして、
筋肉というのは、一連の動作において、
動作の最初から最後まで、
同じ強さの「筋収縮」が起こるわけではないということです。

一連の動作の中で、
筋収縮が強まる位置と筋収縮が弱まる位置があるのです。

筋収縮が強まる位置とは、筋肉が縮んで硬くなり、
筋肉が強い状態になっている位置のことであり、
この位置を「最大筋収縮位置」と言います。

たとえば、

ダンベルアームカールを行う場合の「最大筋収縮位置」とは、
腕を曲げて顎の高さくらいまでダンベルを持ってきた位置であり、
バーベルべンチプレスで言えば、
腕を伸ばして胸の上にバーベルを挙上した位置になるのです。

ですから、筋肉を最大限に発達させようと思ったら、
動作における可動域は、この「最大筋収縮位置」に近い範囲で
行われるのが効果的な動作ということになるのです。

たとえば、バーベルベンチプレスで言えば、
腕を伸ばしたスタート姿勢から、バーベルを下ろす範囲は、
ほんの少しの深さ(20cm程度)で十分なのです。
深くても肘の角度は90度までで、
それ以上深く曲げる必要はありません。

その狭い可動域の中で上げ下げを繰り返すことで、
胸の筋肉は最大筋力を発揮することができ、
負荷をしっかりと受け止めることができますので、
グングン発達していくのです。

今までフルレンジで深くバーベルを下ろしていた人は、
このやり方で行うと、すぐに、今までよりも重いバーベルを
挙上できるようになりますが、
筋肉の発達にとって必要な可動域の中で、
それだけ重い負荷を筋肉が受けられることで、
今まで感じたことがない刺激が得られるはずです。

このノウハウは、山本式ベンチプレスにおける
1つの重要なポイントであり、
これだけでも大胸筋の発達は加速されるはずです。

山本式ベンチプレスの全てのノウハウについては、
講座の中で詳しくお教えしておりますので、
ここでは、可動域についてだけ公開させて頂きます。

さて、今、「最大筋収縮位置」について説明しましたが、
実は、筋肉を伸ばしすぎてしまうと、
この「最大筋収縮位置」で、筋力を十分に発揮することが
できなくなってしまうのです。

可動域を広くし筋肉が過度にストレッチされてしまうと、
筋肉はその後の筋力発揮を抑制されてしまい、
重い負荷を受け止めることができず、
筋肉の発達も阻害されてしまうのです。

筋トレ前に時間をかけてストレッチしている人が多いですが、
筋トレ前にストレッチをしてしまうと、筋トレ中における
筋力の発揮が抑えられてしまうため、筋肉の発達にとっては
逆効果でありマイナスなのです。

本来、ストレッチとは筋トレ後に行われるべきものであり、
筋トレで血液中に発生した疲労物質を速やかに排除し、
疲労回復を促進させるために行われるものなのです。

というわけで、筋トレ動作において、
可動域を広くして筋肉を伸ばすということは、
筋肉の発達にとっては逆効果だということです。

さらには、動作中に筋肉をストレッチしすぎてしまうと、
筋肉は伸ばされた状態になっているわけですから、
その位置から一気に力を入れて筋肉を縮めようとした場合、
筋肉は非常に危険な状態に陥ってしまうのです。

筋肉が伸ばされた状態から強い力で急に縮めらた場合、
ゴムひもで想像してもらうとわかると思いますが、
伸びた状態から一気にパーンと縮むわけですから、
伸びたところに急激に強い負荷が加わり、
筋肉にとっては危険な動作となってしまうのです。
場合によっては筋肉が断裂してしまうこともあるのです。

というわけで、今回は、筋肉を伸ばしすぎることが
いかに危険であり、筋肉の発達を阻害する動作なのかについて、
少し詳しく説明させて頂きました。

効果的な可動域については、本当に誤解されている人が多いです。

筋肉をしっかり伸ばした方が効く感覚が得られるかもしれませんが、
骨格筋の構造と筋発達のメカニズムを正しく理解していれば、
それが間違いであることは明らかであり、
そういった筋トレ動作をお勧めすることはできません。

筋肉を最大限に発達させたいのなら、
「筋肉の伸ばしすぎは危険」だということをきちんと理解して、
効果的で安全な動作方法をマスターするようにしてください。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト