カルニチンの筋肉増強効果について - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

カルニチンの筋肉増強効果について





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

今回は、サプリメントに関する興味深い情報がありますので、
是非参考にして頂きたいと思います。

筋肉増強を目的とした人の場合、サプリメントと言うと、
「プロティン」や「アミノ酸」など、
タンパク質主体のサプリメントが多く利用されていますが、
他にも筋肉増強に役立つ身近なサプリメントは結構あるものです。

決して「プロティン」のように主役にはなれませんが、
脇役として、筋肉増強効果を高めるのに役立つものです。

その中の1つに「カルニチン」があります。

カルニチンと言うと、基礎代謝を高めて脂肪を燃焼しやすくする
ダイエット用のサプリメントとして有名ですね。

テレビの通販番組でもよく紹介されていますので、
一般の人たちでも知っている人が多いと思いますし、
コンビニやスーパーでも手軽に購入できるものです。

さて、今回お伝えしたいのは、
この「カルニチン」の筋肉増強効果についてなのです。

カルニチンの脂肪燃焼効果についてはよく知られていますが、
実は、カルニチンには驚くべき筋肉増強効果もあるのです。

カルニチンを摂取すると、体の基礎代謝が高まるとともに、
実は、筋肉中のグリコーゲンの無駄な消費を抑制するという
効果も高いのです。

グリコーゲンとは、筋肉中に蓄えられている運動エネルギー
なのですが、筋トレを行うと、筋肉中のグリコーゲンが
すぐに消費され、一時的に枯渇した状態となってしまうのです。

そして、グリコーゲンが枯渇した状態が長く続くと、
筋肉の疲労回復が遅くなり、筋肉の発達を阻害することに
なってしまうのです。

また、筋肉中のグリコーゲンが枯渇することで、
筋トレ後の筋肉生成効果が弱まってしまうのです。

こういったことを防ぐために、私たちは、
筋トレ直後にプロティンと一緒に炭水化物を摂ることで、
出来だけ早く筋肉中のグリコーゲンレベルを元に戻すよう、
対策を取っているわけです。

ですから、カルニチンを摂取することで、
筋肉中のグリコーゲンの無駄な消費が抑制されれば、
それだけ、筋肉の疲労回復が早まり、
また、筋トレ後の筋肉生成効果も高められるのです。

こういった効果を知ると、是非「カルニチン」を試してみたい
と思うかもしれませんが、まず知っておいてほしいのは、
カルニチンとは、普段の食事から摂れるものであり、
さらには、食べ物から摂取出来なくても、私たちの体には、
カルニチンを合成する能力が備わっているということです。

ですから、まずは普段の食事を見直すことが大切であり、
その上で、必要に応じてサプリメントを利用すべきなのです。

普段からカルニチンを多く含む食事をしていれば、
特にサプリメントは利用しなくても大丈夫です。

私もカルニチンを単体では摂取していませんし、
食事をしっかりしているので特に必要性を感じていません。

もし、食事から十分なカルニチンを摂取するのが難しいという
場合には、サプリメントを利用されると良いでしょう。

それでは、カルニチンを多く含む食品ですが、
カルニチンは「肉類」に豊富に含まれています。

特に代表的なのが「羊肉」ですが、羊肉はなかなか食べられないと
思いますので、「牛肉」を食べるのが効果的です。

また、「魚介類」にも多く含まれており、
特に多いのが、「カジキマグロ」と「赤貝」になります。

カジキマグロはツナ缶の原料ですから、
ツナ缶を食べるのが安く購入出来ますし便利です。

野菜や果物にもカルニチンは含有されていますが、
その量は極めて微量であるため、普段の食事からカルニチンを
摂取するには、肉類と魚介類をしっかり食べる必要があります。

もし、食事から十分なカルニチンを摂取出来なくても、
私たちの体には、カルニチンを合成する能力が備わっていますので、
普段生活していく中では特に支障はありませんが、
ただし、筋トレを行っている人の場合には、
やはり意識してカルニチンを多く含む食事を心掛けるべきでしょう。

最後に注意点として、カルニチンの副作用についてお伝しておきます。
サプリメントでカルニチンを過剰摂取すると副作用が出る場合が
ありますので注意が必要です。

カルニチンを多く摂取した場合の副作用ですが、
これまで認識されている副作用として、
下痢、吐き気、発疹などがあるようです。

ただし、これらの副作用が現れるのは、過剰摂取した場合であり、
無茶な量を単体摂取しなければ問題はありません。

毎日、肉や魚をたくさん食べても心配はいりません。

むしろ、筋肉を増やすには、肉や魚をもっとたくさん食べた方が
良いという人の方が多いでしょう。

以上、今回は「カルニチン」について説明してきましたが、
筋肉を増やす上では、こういった専門的な栄養学の知識も必要と
なってきます。

折角トレーニングを一生懸命行っていても、
食事や栄養に関する知識が乏しく、
なかなか筋肉を発達させられないという人が多いです。

筋トレとは「筋繊維を破壊する行為」です。

ですから、筋トレだけでは筋肉は破壊されるだけで、
どんどん削られ小さくなっていってしまいます。

筋トレとは、筋肉の成長を誘発するのに必要な行為ですが、
筋トレ自体は「筋繊維を破壊する行為」であって、
筋トレ自体が直接筋肉を発達させるわけではないのです。

筋肉とは、筋トレ後の休養と栄養摂取によって、
破壊された筋繊維が修復されることで成長していくのです。

いくら筋トレをハードに行っていても、
その後の休養と栄養摂取が伴わなければ、
筋肉は破壊され続け、削られていくだけなのです。

筋トレをしているのに筋肉が発達しないという人は、
こういった基本的なことを忘れずに、
食事や栄養摂取について見直してみてください。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト