筋肉の発達と年齢の関係 - 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

筋肉の発達と年齢の関係





こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、「筋肉の発達と年齢との関係」について、
ご説明したいと思います。

まず、「筋トレは何歳くらいから開始するのが良いか」
についてですが、これについては、
いろいろ誤解が生じているようですね。

低年齢期に開始すると身長が伸びない、危険だ、必要でない、
という迷信に振り回されているケースが少なくありません。

確かに低年齢期は、巧緻性の高まる時期ですから、
球技等に代表される巧緻性運動に取り組む割合を高める必要はあります。

巧緻性とは、スポーツ用語で、外界の状況に応じて適切に行動し、
目的を果たす能力。筋力的な要因よりも、
神経系の機能の高さが重要となる能力のことです。

そして、そうした巧緻性を高める低年齢期においては、
重い負荷を用いた筋トレは逆効果だと思われているのです。

筋トレをすると、敏捷性や柔軟性などが低下し、
運動神経の発達に良くないということです。

しかし、これは全くの誤解なのです。

もちろん、低年齢期に大きな筋肉は必要ありませし、
そもそも年齢的にまだ大きくはなりません。

ただし、野球にしてもサッカーにしても、
速い球を投げたり、打撃の飛距離を伸ばしたり、
強いシュートを蹴ったりするには、子どもの頃から、
年齢に応じた強い筋力と、その筋力を競技に活かすための
筋肉の動かし方を身に付けておいた方が絶対に有利なのです。

そして、そのためには筋トレが有効なのです。

実際、将来のオリンピック選手を養成する専門スクールでは、
低年齢期から、腕立て伏せ、腹筋運動、鉄棒での懸垂など、
当たり前に行われていますし、ダンベルやバーベルによる筋トレも
プログラムに組み込まれていたりします。

低年齢期に行う筋トレの大きな目的は、
大きな筋肉をつけることではなく、
「筋力を強め、体の使い方を覚える」ということです。

筋力が弱くて体も上手に使えない低年齢期の選手に、
技術的な訓練だけをハードにしても効果は低いですし、
極めて危険なことでもあります。

また、低年齢期に筋トレを行ったとしても、
年齢に応じた適正な種目、負荷、反復回数で行うことで、
骨の発達にも好影響が与えられますので、
筋トレをすると身長が伸びないということはありません。

逆に、筋肉や骨に対する適度な刺激は、
伸長効果を高めるようになります。
もちろん柔軟性が失われることもありません。

では次に、「筋肉の発達は何歳まで可能か」についてですが、
私の考えは、「生涯に渡って可能」ということです。

70歳からでも80歳からでも、筋肉を発達させることは可能であり、
もちろん年齢に応じた発達ということになりますが、
高齢であっても健康体であれば、適正なプログラムにより、
筋力を伸ばし、筋肉を大きくすることもできるのです。

私がこう断言する根拠としては、
私のクライアントで実際にそういう方がいらっしゃるからです。

72歳で筋トレをスタートして、最初はスクワットをしても、
バーベルのシャフトだけでフラフラしていたのが、
半年後には50kgのバーベルで10回行えるようになり、
それに伴い脚も太くなったのです。

最初の1ヶ月は、器具を使わないトレーニングの形で、
無理せず体を慣らすことから始めたのですが、
腕立て伏せ、自重スクワット、腹筋運動とも、
毎回少しずつ反復回数を伸ばしていくことができ、
同時に心肺機能も高まり、運動中も息が乱れなくなりました。

この方は、既に2年以上継続されているのですが、
74歳の現在は、バーベルスクワットで85kg、
バーベルベンチプレスで60kgを用いてセットを行っています。

今のところ私の指導した中ではこの方が最高齢ですが、
85歳の女性が筋トレで体力アップに励んだところ、
自重スクワットで連続100回以上繰り返せるようになったりなど、
驚く程高齢の方が、筋力アップ、筋肥大に成功したという例は、
数多く報告されています。

人間は加齢とともに老化が進み、体が衰えてきます。
これは人間である以上避けられないことです。

しかし、その衰える速度を、筋トレによって遅らせることは可能です。
もちろん、若い人たちと同じレベルの筋トレはできませんが、
専門家の指導の元、適正な種目、負荷による筋トレを行うことで、
筋肉も骨も強くすることが十分可能なのです。

最後に、「筋肉の発達のピークは何歳頃か」についてですが、
ボディビルダーの体を年齢別に見てみますと、
20代の選手よりも30代の選手、
30代の選手よりも40代(前半)の選手の方が、
全体的な筋肉の発達度合いとしては優れていると感じます。
そして、40代後半以降になると劣ってくると感じます。

ですから、あくまで個人的見解ではありますが、
筋肉自体の発達のピークは、
30代後半~40代前半ではないかと思います。

これは他のスポーツ競技のピーク年齢と比べたら遅いですが、
純粋に筋肉の発達だけを見た場合には、
ピークに持っていくにはそれだけ長い時間が必要になるということです。

したがって、他のスポーツ競技においても、
本来であれば、もっと科学的に筋力トレーニングに取り組むことで、
もっと長く現役で活躍できる選手を
多く輩出できるのではないかと思います。

今回は、「筋肉の発達と年齢との関係」についてお話しましたが、
若い人の傾向として、筋トレを一時的なブームとして
終わらせてしまっている人が多いのが残念に思います。

本来筋トレとは、何歳になっても続けられる「生涯スポーツ」であり、
私たちの体を健康にし、老化を遅らせ長生きするために行うものなのです。

ですから、決して一時的なブームとしてではなく、
生涯に渡って継続して続けていってほしいと思います。


★今すぐ筋肉をつけたい人はこちら
⇒たった1ヶ月で5kgの筋肉をつける!! 【最短マッスルボディ養成講座】



★更に上を目指したい人はこちら
⇒3ヶ月で極限まで筋肉をデカくする!! 【メガマッスルプロジェクト】



スポンサーサイト