こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、「減量直後の体重増加」について、
そのメカニズムをお話したいと思います。

先日、俳優の鈴木亮平さんが、
役作りのため30kg以上減量した直後に、
今度は40日間で30kg以上体重を増やし、
その驚きの変化が話題となっていましたが、
何故そんな極端な体重増加が可能なのか、
不思議に思われた方も多かったと思います。

ですが、これは特別な現象とかではなく、
こういった減量直後の大幅な体重増加というのは、
ボディビルダーなどの間では良くあることですし、
コンテスト直後の数日間で体重が一気に増加し、
体がパンパンに膨らんでしまったりするのです。

体がどんどん浮腫んでくるというか、
内側から張り出してくる感じであり、
動かすと痛みを感じる場合もあります。

もちろん意図的にコントロールしながら、
無理のないよう徐々に戻していくわけですが、
とにかく減量して絞り切った直後の体というのは、
短期間の内に大きく膨らみ、
体重も増加しやすいということです。

では、何故こういった現象が起こるのかですが、
一番大きな理由としては、
体内の水分量が一気に増加するということです。
つまり、減量直後の体重増加というのは、
そのほとんどが、水分による増加だということです。

もちろん脂肪による体重増加も起こりますが、
ただし、食べたものが脂肪となって蓄積されるまでには、
ある程度の時間が必要ですから、
減量直後の1週間くらいに限っては、
水分による増加がほとんどだということです。

では、何故、減量直後に体内の水分量が増加するのか、
その原因は、炭水化物の摂取量にあります。

実は、炭水化物というのは、体内に蓄えられるとき、
その量の3倍の水分と一緒に蓄えられるのです。
たとえば、ご飯を100g食べれば、
300gの水分も一緒に蓄えられるということであり、
その分が、体重増加につながるということです。

逆に、今まで食べていた炭水化物をカットすれば、
炭水化物と一緒に体内に蓄えられていた水分も排出され、
その分、体重が減るということです。

つまり、厳しい減量を何ヶ月も続け、
炭水化物をほとんど摂らなかった状態から、
今度は一転して、大量の炭水化物を食べ出したら、
体内の水分量は一気に増加し、
急激な体重増加も起こるということです。

たとえば、単純に考えて、
今まで1日の炭水化物の摂取量がゼロだった人が、
減量を終えて100gのご飯を1日3回食べたとしたら、
・ご飯による体重増加分…100g×3回=300g
・水分による体重増加分…300g×3回=900g
ということになり、
1日に1200g(1.2kg)の体重増加となるわけです。

もちろん計算通りいくわけではありませんが、
とにかく、減量直後の体というのは、
それだけ体重が増えやすいということであり、
その主な原因は、水分量の増加にあるということです。

さて、減量直後の体重増加についてお話しましたが、
もう少し詳しく筋肉の観点からお話しますと、
実は、筋肉というのは、
体の中で最も多く水分を蓄えている場所であり、
筋肉の約76%が水分なのです。

例えば、30代一般男性の平均筋肉率は約37%ですから、
体重が70kgだとしたら、筋肉量は約26kgになります。
ですから、筋肉に含まれている通常の水分量は、
約19.8リットル(約19.8kg)ということになるのです。

一般的な30代の男性でも、
これだけ多くの水分が筋肉に含まれているわけですから、
筋肉量が多いボディビルダーなどは、
もっと大量の水分が筋肉に含まれているのです。

そして、炭水化物を摂らない過激な減量を行えば、
当然筋肉中の水分量も減少し、
筋肉はカラカラに干からびた状態となるのです。

先程お話した俳優の鈴木亮平さんの場合も、
30kg以上減量し体重が50kg台になっていたそうですから、
かなり過酷な減量をしたと思いますし、
筋肉中の水分量もギリギリまで減らしていたと思われます。

そして、今度は、そこから一転して、
1日に7食も8食も大量に食べ、炭水化物を大量に摂ったことで、
筋肉中の水分量は一気に増加し、
まるで干からびたスポンジがミルミル膨らんでいくように、
筋肉がドンドン大きくなっていったのです。
実際に筋肉が増えて大きくなっているわけではないですが、
水分量が増えた分、膨らんで重たくなったのです。

ただし、ここでお話しているのは、
ある程度筋肉が大きく発達している人の場合であって、
そもそも筋肉量がまだ少ない人にとっては、
それだけの水分量を蓄えるためのキャパがないわけですから、
短期間で大幅な体重増加をするのは無理ですし、
筋肉が膨らんでくるという感覚も得られにくくなります。

まだ筋肉が少ない状態で、
ボディビルダーのようなカーボローディングをしても、
ほとんど筋肉に変化は見られないということです。

さて、筋肉が大きく発達している人にとっては、
筋肉中に蓄えられる水分量に着目して考えれば、
減量直後に一気に体重を増やすことが、
それほど難しいことではないとお分かり頂けたかと思います。

先程お話した俳優の鈴木亮平さんの場合も、
普段から筋トレをして筋肉が発達していたからこそ、
減量直後の大幅な体重増加が可能だったわけです。

一般の人にとっては、実際に自分の体で体験してみない限り、
なかなか感覚的に理解しずらいとは思いますが、
筋肉を増やしておくことで、こういった体重のコントロールが、
自由自在にできるようになってくるのです。

ただし、短期間での急激な体重の増減は、
体への負担も当然大きくなりますので、
正しい知識と安全な実践方法を学んだ上で、
出来るだけ体への負担が少ない方法で行うべきです。

1年の内に大幅な体重の増減を何度も繰り返していたら、
いくら筋肉がある人でも体を壊してしまいますので、
くれぐれも無理はしないようご注意ください。

スポンサーサイト