こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、ベンチプレス中に起こる大胸筋の断裂について、
実例を元にお話したいと思います。

ベンチプレスはとてもメジャーな種目であり、
ベンチプレスで何kg挙げられるかは、
その人の筋力を示すバロメーターとなっています。

しかし、一般にも広く行われている分、
ベンチプレス中の怪我も多くなっているのです。

具体的には、「大胸筋の断裂」です。
大胸筋とは、上腕骨の肩に近い部分から始まり、
そこから扇状に胸骨に向かって広がっているのですが、
上腕骨の付け根の「腱」が切れてしまうのです。 

大胸筋の断裂と言っても、
大胸筋自体が断裂することは滅多になく、
ほとんどの場合は「腱」の断裂になります。

私自身は大胸筋を断裂した経験はありませんが、
実際に経験した人から話を聞くと、
ベンチプレスの最中に腱が断裂すると、
大胸筋に突然激痛が走り、
その痛みは思わず叫んでしまうほどだそうです。

また、治療によって治ったとしても、
また切れるのではないかという精神的な不安が生じ、
以前のような高重量は扱えなくなるとのことですし、
実際に再発の危険性も高くなるそうです。

ですから一度断裂してしまうと、
その後も悪影響が多く出てしまいますので、
普段から注意しておくことが大切です。

では、大胸筋の断裂が何故起こってしまうのか、
その原因について、実例を元に説明します。

まず最初の実例は、ウォームアップ不足によるものです。
ベンチプレスのMAXが140kgの方だったのですが、
その日は軽い重量でのウォームアップを全くせずに、
いきなり120kgからスタートしたのです。
そして3レップ目を挙げようとした瞬間に激痛が走り、
そのまま動けなくなってしまったのです。

高重量を扱う前にはウォームアップが大切です。
筋肉が準備できていない内に高重量に挑戦するのは、
いくらMAXが140kgだったとしても、
いきなり120kgからスタートするのは危険すぎます。

たとえば、いきなり120kgから入るのではなく、
60kg、90kg、120kgと、
段階的に重くしていく必要があるのです。
こうすることで、より重い重量に挑戦するための準備ができ、
大胸筋の断裂を防ぐことができるのです。

ただし、ウォームアップを必要以上に多く行ってしまうと、
ウォームアップの段階で疲労しすぎてしまい、
逆に本番セットでの筋出力が下がってしまいますので、
バランス良く適度に行うようにすべきです。

次の実例は、オーバートレーニングによるものです。
ベンチプレスの記録を伸ばそうとして、
ベンチプレスの頻度を週2日から週4日に増やし、
毎回1~3レップしか挙がらない高重量に挑戦していたのです。
そして、ちょうど1ヶ月続けたころ、
大胸筋の断裂が起こってしまったのです。

この1週間前から体のダルさを感じ、
疲労が溜まっているのを感じていたようですが、
休むことなく無理して続けてしまったのです。

毎回MAXに挑戦するようなトレーニングをしていたら、
当然体への負担は大きくなりますし、
疲労回復に要する時間も長くなります。

ですから、それに見合った頻度でトレーニングしないと、
すぐにオーバートレーニングに陥ってしまうのです。
疲労が蓄積した大胸筋は非常に弱っていますので、
断裂も起こりやすくなってしまうのです。

オーバートレーニングが原因による筋断裂は、
発生件数が多くなっていますので、
疲労回復に対する十分な注意が必要です。

最後の実例は、ネガティブトレーニングによるものです。
ベンチプレスのMAXが120kgの方だったのですが、
更なる大胸筋の発達を目指し、
ベンチプレスをネガティブで行ってみることにしたのです。

MAXよりも30kgも重い150kgのバーベルをセットし、
パートナーに手伝ってもらいながらラックアップし、
150kgのバーベルを腕を伸ばした状態で持って構え、
そこでパートナーに手を離してもらうと、
重さに耐えられずバーベルが胸に触れるまで落ちてきます。
その間重さに逆らいながら抵抗することで、
大胸筋が強い力で伸ばされるようになるのです。

しかし、これは極めて危険な行為なのです。
週1日の頻度でこのトレーニングを行っていたそうですが、
3週目に大胸筋の断裂が起こってしまったのです。

山本式筋トレをきちんと理解している人なら、
ネガティブトレーニングがいかに危険かお分かりかと思いますが、
筋肉が伸ばされていくということは、
筋肉が弱い状態に向かっていくということなのです。

筋肉は伸びた状態では力を発揮することはできず、
筋肉で大きな負荷を支えることはできません。
ですからその分、腱で負荷を支えなければならず、
腱への負担が大きくなり、突然腱が切れてしまうのです。

ベンチプレスの場合で言うと、
バーベルを胸に触れるまで深く下ろした位置では、
大胸筋は伸ばされ力を発揮できませんから、
バーベルは腱が頑張って支えているのです。

腕ひしぎ逆十字固めという関節技がありますが、
技を決められ腕が伸ばされた状態では、
腕の筋肉は完全に伸ばされ力を出すことができませんから、
そのまま続けると肘関節が破壊されてしまいます。

ネガティブで大きな負荷をかける行為とは、
まさにこれと同じことであり、
腱や関節が破壊されかねない危険な行為なのです。

以上、3つの実例を元に、
大胸筋の断裂についてお話しましたが、
今回紹介した、
・ウォームアップ不足
・オーバートレーニング
・ネガティブトレーニング
が原因による場合が多いですから、
まずは、この3点に注意することが大切です。

今回の記事を読んで、
少し心配になったという人もいるかもしれませんが、
もし、何か思い当たる点がある場合には、
すぐに改善するよう努めてください。

適正な方法で筋トレを行い、
安全に高重量を扱うことができていれば、
このような筋断裂を起こさずに済むのです。

スポンサーサイト