こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、急激な体重増加の原因と対処法について、
お話したいと思います。

みなさんも経験があるかと思いますが、
「忘年会や新年会が続き1週間で2kgも太ってしまった」
「旅行に行って帰ってきたら体重が3kgも増えていた」
など、ほんの数日間の間に、
急激に体重が増えてしまうことがよくあります。

ボディビルダーやスポーツ選手であっても、
オフシーズンに入った途端に食べまくり、
いきなり1週間で何kgも重くなってしまう人がいます。

私も経験がありますが、減量直後に大量に食べると、
食べてる最中から体がどんどんむくんできて、
皮膚の内側からパンパンに張って痛くなってきます。

では、こうした短期間での急激な体重増加やむくみは、
一体何が原因で起こるのでしょうか?
そんな短期間で脂肪が増えてしまうのでしょうか?

まず最初にお伝えしておきたいことは、
一般の人でも、ボディビルダーの人でも、
急激な体重増加は望ましいことではないということです。

もし、食べ過ぎたり飲み過ぎたりして、
急激な体重増加が起こってしまった場合には、
出来るだけ早めの対処が必要となるのです。

なぜなら、そのまま放置しておくと、
いつの間にか“本当の脂肪太り”になってしまうからです。

実は、急激な体重増加の原因は「脂肪」ではなく、
体内に「水分」が多く溜まってしまったからなのです。

もし、1週間で3kgの体重増加があったとしても、
それが全て脂肪による増加というわけではありません。
ほとんどはまだ水分による増加なのです。

特に、炭水化物は体内で水分と結びつくため、
ご飯やパン、パスタなどを大量に食べてしまうと、
体内に水分が多く溜まってしまうのです。

炭水化物1gにつき水分4gと結びつくとされていますので、
例えば、ご飯を茶碗一杯(約200g)食べると、
約800gの水分と結びつき溜まってしまうということです。

ただし、炭水化物が水分と結びつくのは、
グリコーゲンを作り出す上で必要なことであり、
そのほとんどは排出されてしまいますので、
溜まった水分がすぐに脂肪になるというわけではありません。

ですから、まずは正しい認識として、
急激な体重増加は決して脂肪による増加ではなく、
ほとんどは水分による増加だということを、
知っておく必要があるのです。

しかし、水分だからと安心することはできません。
そのまま放置しておくと体重は元に戻らなくなり、
いつの間にか体脂肪が本当についてしまうのです。

脂肪細胞自体は常に新陳代謝を繰り返していますので、
つまり、古い脂肪細胞と新しい脂肪細胞が、
毎日少しずつ入れ替わっていますので、
体内では、そのために必要な新しい脂肪細胞が、
毎日せっせと作り出されているのです。

ですが、それは入れ替えに必要な分の脂肪細胞であり、
ぜい肉を作るための脂肪細胞ではありません。
ですから、注意しなければいけないのは、
必要な分を超えて作り出されてしまった脂肪細胞であり、
つまり、余ってしまった脂肪細胞なのです。
そういった余剰分の脂肪細胞がどんどん溜まってしまうと、
ぜい肉となってお腹についたりしてしまうのです。

短期間での体重増加の原因は水分だと言いましたが、
最初は水分による体重増加であったとしても、
過剰なカロリー摂取が原因であることには変わりありませんので、
そのまま放置しておけば、知らぬ間に、
本当の“脂肪太り”になってしまうのです。

ですから、急激な体重増加が起こってしまったら、
本当の脂肪太りになってしまう前に、
早急な対処をすることが必要になってくるのです。
水分による体重増加の段階であれば、
比較的簡単に体重を落とすことが可能なのです。

同じ3kgの減量であっても、
余分な脂肪を3kg落とすには時間がかかりますが、
余分な水分を3kg落とすのであれば、
数日間で落とすことが可能なのです。

では、水分による体重増加を解消するための方法ですが、
最も効果的なのは、炭水化物を食べないことです。
つまり、炭水化物を食べなければ、
新たな水分と結びつくことはありませんので、
余分に溜まっている水分がどんどん減っていくわけです。

水分による体重増加の段階であれば、
炭水化物を2~3日カットすることで、
体重もすぐに元に戻ってきます。

私は本格的に減量する際には、
月~土は炭水化物を完全にカットするのですが、
日曜日だけは好きなだけ食べるようにしています。

こうすることで、ストレスが軽減され、
筋力と筋量を維持しながら減量することができるのですが、
当然月曜日の朝は体重が2~3kg増えています。
たった1日だけでそれだけ増えてしまいます。

しかし、水分による体重増加ですから、
月曜、火曜とストイックな食事に戻すことで、
水曜日の朝には元の体重に戻せますし、
一旦急激に代謝が上がり体が元気になるので、
水曜日以降の脂肪燃焼スピードが加速され、
土曜日には、前週の体重よりも更に落ちてきます。

ですから経験上、水分による体重増加であれば、
炭水化物の摂取量をコントロールすることで、
2~3日あれば3kg程度は十分落とせると言えるのです。

今まで炭水化物を食べ過ぎていたという人は、
試しに2~3日完全にカットしてみてください。
すると、体内の余分な水分が排出され、
数日間で体重が減ってくるはずです。

また、炭水化物をカットすると伴に、
少し息が上がるくらいの運動を行うと更に効果的です。
外を少し早歩きで歩くだけでも良いですし、
ジムであれば、エアロバイクやトレッドミルを、
30分程度行うと良いでしょう。

運動することによって体の代謝が上がり、
余分な水分の排出作業が促進されます。
ただし、注意してほしいのは、
体内の余分な水分は排出しつつ、
新鮮な水分の補給は怠らないことです。

炭水化物をカットしているのであれば、
水を飲んでも体内で溜まることはありませんので、
水を飲むのを我慢する必要はありません。

逆に、小まめに新鮮な水を飲むことによって、
体の正常な代謝が維持されますので、
余分な水分を排出する上ではプラスに働くのです。

以上、整理しますと、
短期間で急激な体重増加が起こった場合には、
(1)炭水化物をカットする(出来るだけ減らす)
(2)少し息が上がるくらいの運動を行う
(3)新鮮な水分を小まめに補給する
ことで、代謝を維持しつつ、
体内の余分な水分を排出させることができ、
数日感で体重を元に戻せるということです。

もし、食べ過ぎや飲み過ぎが原因で、
短期間で急激に体重が増えてしまったときは、
本当の脂肪太りになってしまう前に、
今回お伝えした対処法を是非試してみてください。

スポンサーサイト