こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

本日は、筋トレ中に起こる頭痛について、
その原因と予防法をお話したいと思います。

先日も、筋トレ中に頭痛が起こるということで、
読者の方から相談を受けたのですが、
これまでにも同じような相談が多くあり、
悩んでいる方が多いようです。

では、なぜ筋トレ中に頭痛が起こるのかですが、
その原因としては、多くの場合、
脳内の圧力の上昇が原因であると思われます。

高重量のバーベルやダンベルを挙上する際には、
当然体に「グッ!」と強い力を入れますが、
そうすることで脳内の圧力が急に上昇し、
頭蓋内の血管を圧迫し神経に作用するのです。

そしてそれが繰り返されると、
頭痛となって感じられてくるのです。

頭痛の程度としては、軽いものから重たいものまでありますが、
ズキズキして痛みが激しい場合には、
筋トレを続けることができなくなる場合もあります。

また、特にこういった症状が起こりやすいのは、
体がまだ温まっていない状態で、
高重量のバーベルやダンベルを挙上した時であり、
ウォームアップ不足が引き金となっているのです。

もし、筋トレ中に頭痛が起こってしまった場合ですが、
それほど気にならない軽い痛みであれば、
時間が経てば自然に治りますから心配は入りませんが、
ズキズキして筋トレが続けられないほど痛い場合には、
筋トレを中止して安静にしておく必要があります。
その日はもう筋トレはやらない方が良いでしょう。

なお、毎回筋トレの度に頭痛が起こるような場合には、
医者に相談して鎮痛剤を処方してもらうなど、
適切な治療を施してもらった方が良いです。

では次に、筋トレ中に起こる頭痛の予防法についてですが、
適切なウォームアップをすることが大切になってきます。
いきなり高重量に挑戦するのではなく、
体を十分温めてから挑戦するということです。

これは初心者に限らず、
ボディビルダーや重量挙げの選手でも同じことなのです。
たとえオリンピックの重量挙げの選手でも、
十分なウォームアップをせずに高重量に挑戦すると、
挙上直後に頭痛が起こることがよくあるのです。

さて、それでは、筋トレ中の頭痛を予防するには、
どのようなウォームアップが効果的なのかですが、
最も効果的な方法としては、
少しずつ段階的に使用重量を重くしていくことです。

たとえば、普段のトレーニングで、
べンチプレスを50kg×10回(限界数)行っているのだとしたら、
1セット目でいきなり50kgに挑戦するのではなく、
少し余裕のある重量で2セットウォームアップを行い、
体を重さに慣れさせてから挑戦するようにするのです。

具体的には、
1セット目…30kg×10回(ウォームアップ)
2セット目…40kg×10回(ウォームアップ)
3セット目…50kg×10回(限界数)
といった感じになります。

なお、セット間のインターバルは少し長めにとった方が良いです。
インターバル中は座らないでウロウロ歩き回るようにして、
体を動かしながら息を整えるようにしてください。

このように、段階的に負荷を上げていくことによって、
脳内の血管や神経が血圧の変化に対応できるようになるのです。
筋トレ中に頭痛が起こりやすい人というのは、
要するに、血圧の変化に体が対応していないということですから、
体を少しずつ慣らしていけば予防できるのです。

筋トレ前に5~10分くらいトレッドミルで軽く走ったり、
ステーショナリーバイクを漕いだりするのもいいですが、
筋トレのウォームアップとしては、
セットごとに重くしていくというやり方の方が効果的です。

本番前に、筋肉が事前に同じ動作を行うことで、
筋肉が最も力を発揮しやすい状態となり、
筋トレの効果が高められるのです。

ウォームアップセットを何セット行えば良いかは、
本番セットで使用する重量にもよりますが、
筋トレ中に頭痛が起こりやすいという人の場合には、
各種目で2~3セットを目安に行うと良いでしょう。
胸、背、脚の大筋群の種目では3セット、
肩、腕の小筋群の種目では1~2セットを目安とします。

各種目でウォームアップセットを行うと、
全体のトレーニング時間も長くなってきますが、
頭痛の予防を第一に考える場合には、
少し慎重に行った方が良いでしょう。

冬場で寒く体が温まりにくい場合には、
最初に5分程度、軽くバイクを漕いだりして体全体を温め、
それから筋トレに入ることで、
さらに予防効果を高めることができます。

まあ、重い重量には挑戦しないというのが、
最も理にかなった予防法ではあるのですが、
筋肥大を狙うにはそうも言ってられないでしょうから、
ウォームアップセットで様子を見ながら、
少し慎重に筋トレを行うようにしてください。

今回は、筋トレ中に起こる頭痛についてお話しましたが、
筋トレに限らず、どんな運動を行う場合でも、
体が慣れていない内にいきなり強い運動を行うのは、
頭痛などの症状を引き起こす原因になりますので、
くれぐれもご注意ください。

スポンサーサイト