こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

今回の講座は、「ジャンピング・スクワット」についてです。
この種目は、器具を使わずにその場ですぐに出来る種目ですが、
きちんと行うと非常に運動強度が高い種目であり、
下半身を強化する効果的な自重トレーニングとしてお勧めです。

また、スポーツの基礎となる「バネのある筋肉」が養成されるので、
野球やサッカー、バレーボール、バスケットボールなど、
跳躍動作を伴うスポーツ競技のパフォーマンス向上にも役立ちます。





動作の流れとしては、上の動画をご覧頂くと分かる通り、
しゃがんだ姿勢からバンザイするような感じで高くジャンプし、
着地した際の反動を利用してまた次のジャンプを行います。
そして、この動作を何回も繰り返していきます。

ジャンピングスクワットで鍛えられる筋肉としては、
大腿四頭筋、大腿二頭筋、腓腹筋、ヒラメ筋、大殿筋、中殿筋など、
下半身全体の筋肉が連動して力を発揮し、鍛えられます。

特に、ジャンプ動作において最も大きな力を発揮するのが、
大腿部の前面にある「大腿四頭筋」であり、
跳躍動作や走行動作の要となる重要な筋肉です。
また、大腿四頭筋が発達してくると、
下半身全体がガッシリとして逞しく見えるようになってきます。

大腿四頭筋を中心に下半身全体の筋肉を強化するためには、
着地の反動を利用して、1回1回出来るだけ高くジャンプすることです。
両腕もバンザイするように勢い良く振り上げるようにします。

ただし、連続して速くジャンプしようするのではなく、
着地してしゃがんでから次のジャンプに移るまでに、
ほんの一瞬ですが、エネルギーを溜め込む時間を作り、
それから一気に跳び上がるようにします。
こうすることで、瞬間的に大きな力が発揮されるのです。

筋肉の両端には腱が付いているのですが、
ジャンプ動作においては、この腱がバネの働きをしているのです。
つまり、着地してしゃがんだ時に、
筋肉と一緒に筋肉の両端の腱(バネ)も引き伸ばされ、
弾性エネルギーを溜め込むのです。

そして、この「腱の弾性エネルギー」を利用することで、
ジャンプの際に筋肉が強い収縮を起こし、
瞬間的に大きな力を発揮することが出来るのです。

この「腱のバネ作用」を利用して大きな力を発揮するスキルは、
あらゆるスポーツ競技の基礎となるものであり、
バネのある動きを生み出す上で、重要なスキルになってくるのです。

筋トレにおいては、反動は厳禁だとよく言われますが、
反動をつけずに高くジャンプすることなど出来ませんし、
あらゆるスポーツ競技の動作において、
反動を使わずに筋肉を動かすようなことはありませんので、
スポーツに役立つ「バネのある筋肉」をつけるには、
反動を効果的に利用した筋トレが必要となるのです。

さて、ジャンピングスクワットは、その場で手軽に出来ますので、
初心者の人にもお勧めの自重トレーニングなのですが、
ただし、下半身の筋力がまだ弱い状態で行ってしまうと、
関節や腱を傷めてしまう可能性もありますので、
まずは、ある程度、下半身の筋力を高めてから行う方が良いです。

ですから、今まで運動不足で体力に自信がないという人は、
最初はジャンプ動作を加えずに、通常のスクワットを自重で行い、
連続して50回くらい反復できる筋力を養ってから、
ジャンピングスクワットに挑戦すると良いでしょう。

体力のある人でも、1回1回高くジャンプしながら行うと、
最初は10回くらいしか出来ないと思いますが、
少しずつ回数を伸ばしていき、まずは、1回1回高くジャンプしながら、
連続30回以上を目標に取り組むと良いでしょう。

なお、筋力アップに伴い、バーベルを担いで行ったり、
ウエイトジャケットを着用して行うなど、
負荷を高め運動強度を上げることも可能です。

以上、「ジャンピング・スクワット」の説明になりますので、
必要に応じて、是非取り入れてみてください。

それでは、また次回の講座でお会いしましょう!!

スポンサーサイト