こんにちは、筋トレアカデミーの山本龍二です。

今回のテーマは、「筋肉の発達と成長ホルモンの関係」についてです。

「筋肉の発達」と「成長ホルモン」は非常に密接な関係があり、
筋肉をつけるための重要な要素になるのですが、
この「筋肉の発達」と「成長ホルモン」の関係について、
わかりやすく説明したマニュアル等があまりないのが実情です。

そこで今回は、筋肉をつける上で絶対必要な「成長ホルモン」について、
少し詳しく説明したいと思います。

ところで、そもそも「成長ホルモン」とはどんなものなのでしょうか?

成長ホルモンとは、簡単にいえば、「体の成長を促すホルモン」です。
子供から大人へと成長する時に背丈や体型、お肌の状態などが変化するのは、
成長ホルモンの働きがあるからと言われており、リハビリ等にも効果があります。     

一日の中にも分泌の周期があり、特に睡眠中には多く分泌されます。
他には、運動の後など、筋肉を使った後にも多く分泌されます。

また、幼年期から思春期にかけて成長ホルモンは多く分泌されますが、
その分泌量は年齢を重ねるとともに減少してしまいます。

もちろん適切な運動法や食事法によって減少をくい止め、
実年齢に比べて若々しさを保つことは可能です。

成長ホルモンはアンチエイジング効果、若返り、美肌、身長が伸びる、
育毛、老化防止、肥満改善、長寿効果が期待できる最も強力なホルモンです。

そしてもちろん、筋肉を強く大きくする上で、
成長ホルモンは非常に重要な働きをしているのです。

成長ホルモンの分泌量が多くなるほど筋肉の成長も早まり、
短期間での筋肉増強が可能になるのです。

ではいったい、どうすれば成長ホルモンの分泌量を増やすことが出来るのか、
そのための筋トレのポイントをお教えします。

適切な筋肉トレーニングを行うと、自然に成長ホルモンの分泌量が増えますが、
トレーニングのやり方次第で、さらに何倍にも増やすことが可能なのです。

ここで知っておいてほしいことは、少し専門的な話しになってしまいますが、
「筋肉内で発生する乳酸の量が多いほど、成長ホルモンの分泌量も多くなる」
ということです。

乳酸とは、筋肉が運動を続け疲労してくると発生する疲労物質です。
乳酸が大量に発生すると筋肉がパンパンに張ってくるような感じになります。

たとえば、自転車で坂道を登ると太ももの筋肉が疲労しパンパンに張ってきますが、
それは太ももの筋肉内に大量の乳酸が発生したためです。

筋トレの経験がある方なら、たとえば、ダンベルアームカールを何回も反復していると、
上腕二頭筋が疲労して、終わったあと張ったような感じになるのが分かると思いますが、
筋肉内で乳酸が大量に発生した状態になっているからなのです。

そして、乳酸が短時間に集中して多く発生すればするほど、
成長ホルモンも多く分泌されるのです。

「筋肉が疲労する→乳酸が発生する→成長ホルモンが分泌される」

という流れになっているのです。

つまり、筋トレにおいて、出来るだけ多く乳酸を発生させれば、
成長ホルモンの分泌量も増えるということなのです。      

筋トレにおいて乳酸を多く発生させるには、ある程度の反復回数が必要です。
1~2回の反復動作では回数が少なすぎて、十分に乳酸を発生させることが出来ません。
十分な乳酸を発生させるには、10回くらいは反復動作を行う必要があります。

一般的に筋トレの反復回数は10回前後がいいと言われているのはこのためです。
筋トレをもっと深く追求していくとこの限りではありませんが、
まあ、初心者の方は10回前後は必要となるでしょう。

ただし、ここで注意しなければならないのは、
もっと回数を多く、もっとセット数を多くした方が乳酸も多く発生するだろうと、
筋肉をパンパンにしようとして、軽い重量でやたらに回数を多く繰り返したり、
時間をかけて何セットも繰り返したりするのは逆効果だということです。

先ほど、「乳酸が短時間に集中して多く発生すればするほど、成長ホルモンも多く分泌される」
と言いましたが、乳酸は、「短時間で集中して発生させる」ことが大事なのです。

何セットも時間をかけてネチネチ繰り返していると、
逆に筋肉を分解するホルモンが多く分泌されてしまうからです。

このホルモンは「コルチゾール」と言って、筋トレを行うと発生してしまうものなのですが、
いかにこのコルチゾールの発生を抑えるかが重要なのです。

そのためには、短時間で高強度の筋トレをしなければならないのです。
筋トレを1時間かけてオールアウトさせるよりも、
10分でオールアウトさせた方が、筋肉の発達には断然有利になるのです。

ただし、時間は短く終わらせても、筋肉への刺激は強めていく必要があります。
時間は10分で終わったとしても、運動強度は高めなくてはならないのです。

今まで1時間かけて筋肉に与えていた刺激を、
10分の中にギュッと凝縮して与えなくてはならないのです。

今まで10セットで追い込んでいたのだとしたら、
それを1セットで追い込むやり方に変えなくてはならないのです。

そんなこと無理だと思われるかもしれませんが、
正しい筋肉の鍛え方で行えば可能なのです。

正しい筋肉の鍛え方で行えば、無駄な体力を使うことなく、
短時間で筋肉に強い刺激を与え、コルチゾールの発生を防ぎつつ、
乳酸を大量に発生させ、成長ホルモンの分泌量を増やすことができるのです。

なお、短時間で乳酸を大量に発生させる筋トレ方法については、
種目や動作方法、負荷の設定方法など、
それぞれの要素が体系的に1つに集約され完成されるものです。

その具体的な方法については、私の筋トレ講座の中で詳しく説明していますので、
本気で筋肉をつけたいと思っている人は是非ご参加ください。

それでは今回はここまでとさせて頂きます。


スポンサーサイト